システム開発で避けるべき案件【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発で避けるべき案件について、現場の視点で簡単に解説していきます。

スケジュールが厳しい案件

スケジュールが厳しい案件は避けましょう。

残業が発生しやすく、問題も起きやすいためです。

お互いに良くない結果になりやすいので、スケジュールの調整を提案してみましょう。

データの整合性が取れない案件

データの整合性が取れない案件は避けるべきです。

これはプログラムで扱うこと自体が難しいことが多いです。

最悪の場合、手作業にてデータを整理することを提案しましょう。

動作環境の制約のないWeb系のフロントエンドの案件

使用するブラウザの種類は人によって様々です。

そのため、動作環境の制約のないWeb系のフロントエンドの案件は避けたいところです。

今でもかなり古いブラウザを使っている人も一定数いるため、ブラウザを限定することを提案すると良いでしょう。