システム開発のプロジェクト管理のコツ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発のプロジェクト管理のコツについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

最低2人以上のチーム体制にする

必ず最低2人以上のチーム体制にしましょう。

これはシステムそのものが属人的になることを避けるためです。

また、多くの現場がチーム開発であり、その経験がないと市場価値が低くなるためでもあります。

進捗を含め課題を共有させる

進捗を含め、全ての課題を共有しましょう。

これは社外と社内どちらに対しても言えることです。

エクセルやBacklogを使って、意思疎通を定期的に図り、確実に進めていきます。

無茶な納期にしない

炎上防止のため、無茶な納期にすることはやめましょう。

最低でも工数(単位は人日)をメンバー数で割った日数がかかります。

ただし、必ずしもメンバー全員が並行処理できるタスクばかりとも限らないため、スケジュールは事前にきちんと計画します。