システム開発の外注のメリットとデメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の外注のメリットとデメリットについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

外注のメリット

自社にないノウハウや技術を使えます。

また、人手が足りない場合も外注で補うことが可能です。

スポット案件では、外注することで固定費を削減することもできます。

外注のデメリット

コミュニケーションの時間を確保する必要があります。

さらに、品質を管理する等、マネジメントも行わなければなりません。

その他、外注してしまうと自社にはノウハウが蓄積されないといった課題点もあります。

外注する際の注意点

外注前には、あいみつを取って、複数社の中で検討すると良いでしょう。

外注する際は、間違った成果物にならないよう要件をきちんと伝えるようにしましょう。

元請けや下請けの立場の場合、顧客との契約で外注が可能かを事前に確認しておく必要があります。