システム開発でのオブジェクト指向のメリットとデメリット【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発でのオブジェクト指向のメリットとデメリットについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

オブジェクト指向とは

オブジェクト指向とはモノ基準でプログラムを書くことです。

オブジェクト指向ではこのモノが持つデータであるプロパティと操作であるメソッドをクラスにまとめてプログラムが書かれます。

このクラスを使うことで、クラスの外から、このモノが持っているデータや操作を実行することができ、よりプログラムが書きやすくなるというわけです。

オブジェクト指向のメリット

オブジェクト指向ではプログラムの干渉を防ぐことができます。

例えば、AクラスとBクラスに同じ名前のプロパティやメソッドがあっても両立できます。

また、まとまっていることで可読性が高くなり、メンテナンスもしやすい点がメリットとして挙げられます。

オブジェクト指向のデメリット

オブジェクト指向は初心者にとっては少し理解が難しい概念です。

そのため、オブジェクト指向を扱える人材を育てるのに教育コストがかかります。

また、オブジェクト指向にするためには、設計からきちんと行う必要があり、開発の難易度は上がります。