システム開発に向いてない人の特徴【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発に向いてない人の特徴について、現場の視点で簡単に解説していきます。

自分の頭で考えない人

開発には論理的思考力が必須です。

コピペできる素材は多いですが、筋道は自分で考える必要があります。

AIがコーディングするようになると言われているぐらいですので、自分の頭で考えられない人は淘汰されます。

プログラミングが苦手な人

プログラミングや算数が苦手な人には不向きです。

これらは比較的、向き不向きがはっきりしています。

変数や簡単な数式に抵抗感がある方でその後技術者になった方を筆者は知りません。

必要なコミュニケーションが取れない人

技術者にはコミュニケーション力はあまりいらないと思うかもしれません。

しかし、実際には開発だからこそ、コミュニケーション能力が重要となってきます。

上流工程では要件定義で当然必要となりますが、それ以降でもチーム内や顧客とのすり合わせの際にコミュニケーションをしっかり取れないと間違ったものができあがってしまいます。