システム開発のプログラミング言語【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発のプログラミング言語について、現場の視点で簡単に解説していきます。

オープン系のプログラミング言語

オープン系では主に業務のアプリを開発します。

オープン系の言語はJavaやVB.NET、C#が中心となります。

統合開発環境で開発を行うケースが多く、JavaではEclipse、VB.NETやC#ではVisualStudioがよく使われます。

汎用系のプログラミング言語

汎用系では大型の汎用機を使って開発します。

汎用系の言語はCOBOLが使われることが多いです。

最近では、汎用系の開発が徐々にオープン系の開発に流れています。

Web系のプログラミング言語

Web系ではWebサーバを使う開発をします。

Web系の言語はクライアント側ではJavaScript、サーバ側ではJavaやPHP、Ruby、Pythonといった言語が用いられています。

Web系の開発ではフレームワークを使うことが多く、JavaではPlay FrameworkやSpring Framework、PHPではLaravelやCakePHP等が使われています。