システム開発とインフラ構築【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発とインフラ構築について、現場の視点で簡単に解説していきます。

システム開発とインフラ構築はセット

システム開発とインフラ構築はセットです。

インフラなくしてシステムを動かすことはできません。

既存のインフラを使うにしても、リソースの割り当てや設定が必要です。

ベンダーが異なる可能性がある

ベンダーがいる場合、システム開発とインフラ構築のベンダーは同じとは限りません。

実際に筆者の所属する企業ではインフラが苦手のため、システム開発のみを行っています。

また、インフラはユーザ企業の情報システム部門で構築と運用を行い、システムのみ外注というケースも多いです。

インフラが制約条件となる

システム開発はインフラに左右されます。

例えば、Web系の場合、Javaしか動作しないサーバではPHPのシステムを動かすことはできません。

もちろん両者を一つのサーバに共存させることも可能ですが、要件によってはできない可能性もあります。