システム開発の注意点【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の注意点について、現場の視点で簡単に解説していきます。

要望をよく聞いて理解する

システム開発時はユーザの要望をよく聞きましょう。

ここを落としてしまっては、満足のゆく開発はできないからです。

きちんとユーザの要望どおりのシステムを開発しないと炎上案件となる確率が非常に高いので特に注意が必要です。

工数と納期には余裕を持つ

工数はなるべく多めに見ておきましょう。

というのも想定外の事態などで結果的に工数が膨れることが非常に多いからです。

また、納期に関しても、無理をせずに余裕を持って設定することをおすすめします。

不要な技術は極力使わない

開発者は技術力を高めるために色々な技術を使いたいと思います。

しかし、システム開発で不慣れな技術を使うことで、不具合が多く生じる可能性があります。

さらに、こうした技術を使うと開発自体の難易度が上がるため、リスクも増え、誰も得しない事態になりかねません。