システム開発の辛いところ【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の辛いところについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

コミュニケーション能力が必要

意外と思われるかもしれませんが、システム開発ではコミュニケーション能力が重要になってきます。

理由としては、最初の要件定義でユーザから要望をきちんとヒアリングし、仕様を決めなければいけないからです。

このときにヒアリングし損なったものや聞き違いをしたものがあると炎上案件になりかねないため、雑談を交えながら要望を引き出すコミュニケーション能力が求められます。

大量の不具合の修正が続く

コーディングとテストの工程ではバグがたくさん出ます。

特に詳細設計とコーディングを同時に行う場合には、バグありきで開発を進めていくことになります。

ですから、次から次へと現れるバグに折れずに根気よく対応していくタフさが求められます。

新しい技術の使用が求められる

使い慣れた技術のみを使う開発案件が全てではありません。

自分にとって新しい技術の使用が求められる案件も思いのほか多いものです。

技術者である以上は常に自分の技術を磨いていかなければならないという覚悟が必要になります。