システム開発におけるフロントエンドとバックエンド【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発におけるフロントエンドとバックエンドについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

フロントエンドとバックエンドは主にWeb系の話

フロントエンドとバックエンドは主にWebサイトやWebアプリ上の話です。

Web系でないアプリケーションではあまり出てくることのないキーワードです。

いずれもシステムの部分を表すキーワードであり、開発時に担当を分けることが多いです。

フロントエンドとは

フロントエンドとは目に見える部分のことです。

クライアント側、Web系においては、すなわち、ブラウザ側で動作する部分のことです。

Web系では、主なマークアップ言語としてはHTML、主なスタイルシート言語としてはCSS、プログラミング言語としてはJavaScriptがあり、Webページのデザインや表面上の動きを実装します。

バックエンドとは

バックエンドとは目に見えない部分のことです。

サーバ側、Web系においては、すなわち、Webサーバ側で動作する部分のことです。

Web系では、主なデータベースの言語としてはSQL、主なプログラミング言語としてはJavaやPHP、Ruby、Pythonといった言語があり、WebサイトやWebアプリの主要機能を実装します。