システム開発の基本設計【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の基本設計について、現場の視点で簡単に解説していきます。

基本設計とは

基本設計は外部設計とも呼ばれ、要件定義の次に行われる工程です。

画面レイアウトやファイルレイアウト、テーブル定義、ER図等を作ります。

また、これらはドキュメント化し、納品時に顧客にも渡すことが一般的です。

上流工程の一部

基本設計までは上流工程と言われることが多いです。

上流工程は要件定義から始まり、プログラミングを含みません。

顧客や社内でのコミュニケーションが必須となる工程のため、その能力が求められます。

最低限行われること

基本設計では現場によって行われることが異なります。

ただ、最低でも画面レイアウトとファイルレイアウト、テーブル定義は作ります。

これがないと、次の詳細設計や製造の工程で何を作って良いかわからないためです。