システム開発で頻出の英語の専門用語【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発で頻出の英語の専門用語について、現場の視点で簡単に解説していきます。

開発工程

開発工程の英語は以下のとおりです。

要件定義…Requirement Definition
設計…Design
外部設計…External Design
内部設計…Internal Design
製造…Coding
テスト…Testing
単体テスト…Unit Testing
結合テスト…Integration Testing
総合テスト…System Testing

要件定義、設計、製造、テストはいずれも開発に欠かせないキーワードです。

外部設計は基本設計、内部設計は詳細設計とも言いますが、同じ英語で問題ありません。

ドキュメント

ドキュメントの英語は以下のとおりです。

仕様書…Specifications
業務フロー…Business Flow
画面レイアウト…Screen Layout
ER図…ER Diagram
ネットワーク構成図…Network Configuration
操作マニュアル…Instructions for Use

仕様書の意味のSpecificationsを押さえておきましょう。

各工程名の後にSpecificationsを付けると基本的にはその工程のドキュメント名になります。

その他

その他の英語は以下のとおりです。

運用…Operation
保守…Maintenance
初期設定…Initial Setting
工数…Workload
人月…Man-Month
納期…Deadline
開発スケジュール…Development Schedule
開発環境…Development Environment
検証環境…Test Environment
ステージング環境…Staging Environment
本番環境…Production Environment
脆弱性…Vulnerability

環境がEnvironmentであることを押さえておくと良いでしょう。

運用と保守も開発が終了した後にも非常によく使われるキーワードのため、覚えておくことをおすすめします。