システム開発の納品物【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発の納品物について、現場の視点で簡単に解説していきます。

実行ファイル

当たり前ですが、アプリケーションそのものは納品物に含まれます。

これはシステム本体ですので、インストールと動作も含めて引き渡しを保証する必要があります。

実行ファイルは後述しますが、ソースファイルとは別物であり、あくまで実行できる状態のファイルのことを指します。

各種ドキュメント

ドキュメントも必ず納品します。

設計書やマニュアルが主な納品物となります。

例えば、画面設計書やテーブル定義書、操作マニュアルは最低限必要なドキュメントの納品物です。

ソースファイル(要確認)

ソースファイルも納品物とする場合もあります。

ただし、契約時に取り決めがない場合は判例からソースファイルは納品物から除外となるそうです。

これはあとで揉める原因となることがあるため、契約時にクライアントには必ず確認しておくと良いでしょう。