システム開発におけるデータベース【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発におけるデータベースについて、現場の視点で簡単に解説していきます。

システムにはほぼ確実にデータベースが必要

どのシステムにも一般的にはデータベースが必要です。

データベースがなければ、データを保存することができないからです。

したがって、システム開発ではデータベース側の開発も必要となってきます。

使われるデータベースはRDBMS中心

通常のシステムで使われるデータベースはRDBMSです。

RDBMSとは関係データベース管理システムの略で、テーブル同士を関連付けていきます。

RDBMSの開発では、SQLというデータベースを操作するための言語を使う必要があります。

データベースの種類

RDBMSのデータベースは似ていますが種類が様々あります。

SQL ServerやOracle Databaseは基幹システムを中心によく使われています。

一方で、MySQLやPostgreSQLはWeb系のシステムを中心に使われるケースが多いです。