データ移行を伴うシステム開発の注意点【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、データ移行を伴うシステム開発の注意点について、現場の視点で簡単に解説していきます。

項目の変更

旧システムと新システムの間で項目の変更がある場合には注意が必要です。

これは一つの項目を複数の項目に分離させることやその逆を行うようなケースです。

実際に筆者の例では、備考の項目に各種情報を入力しており、新システムではそれを各項目に分離させたいという案件が来たことがあります。

移行のタイミング

移行のタイミングには細心の注意を払うべきです。

移行の最中や移行後に移行元のデータの更新があってはならないからです。

基本的には移行作業を開始する前に旧システムの利用をできないようにするべきです。

データの持ち方の変更

データの持ち方の変更にも注意しましょう。

例えば、データベースの正規化を新たに行うケースです。

単純にテーブルをそのまま移せば良いというわけではなく、移行の仕方に工夫が必要となります。