システム開発に求められる能力【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、システム開発に求められる能力について、現場の視点で簡単に解説していきます。

論理的思考力

システム開発には論理的思考力が必須です。

これはプログラミングだけでなく、システムの仕掛けを想像する際にも求められます。

したがって、上流工程しか携わらないという方であっても、プログラミングの経験があるとより仕事がしやすいでしょう。

コミュニケーション能力

システム開発はプログラミングのイメージが強く、コミュニケーション能力とは無縁に思うかもしれません。

しかし、実際にはユーザから要件をヒアリングして仕様を決める際にコミュニケーション能力は必須となります。

指示されたとおりにコーディングをするだけのプログラマーであれば例外はあるかもしれませんが、基本的にはどの工程でもコミュニケーションは発生すると考えるべきです。

プロジェクトマネジメント能力

プロジェクトマネージャの場合はプロジェクトマネジメント能力が必要です。

一つのシステム開発には必ずプロジェクトマネージャが一人いるため、携わる方の中で誰かしらこの能力が必要となります。

マネジメント能力は向き不向きもあり、管理側の仕事を避けることもできることが多く、この能力がなくてもシステム開発の仕事には携われるケースが多いです。