在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由【現役エンジニアが解説】

LIFE

在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由を知りたい
  • クラウドソーシングサイトで稼ぎやすい仕事を知りたい
  • クラウドソーシングサイトで稼ぐ手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由とクラウドソーシングサイトで稼ぎやすい仕事を解説しつつ、クラウドソーシングサイトで稼ぐ手順をまとめています。

在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由

在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由

在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめです。
この記事では、まずは、その理由から解説していきたいと思います。

作業場所が問われない案件がほとんど

クラウドソーシングサイトの案件は、作業場所が問われない案件がほとんどです。
逆に言えば、作業場所が自由であるからこそ、クラウドソーシングサイトで仕事をランサーに任せられるとも言えます。
例えば、クラウドソーシングサイトのプログラミングの仕事では要件を満たすコードを書いて添付機能で納品さえすれば完了となるので、十分に在宅での副業が可能となっています。

メッセージ機能を使って必要な会話ができる

クラウドソーシングサイトでは、副業で仕事をするうえで必要なクライアントとの会話は全てサイト上で可能です。
このメッセージ機能では、チャット機能の他に、ファイル添付機能もあるため、仕事上で不自由することはまずありません。
プログラミングの仕事では、サーバに直接納品することもありますが、それも遠隔で操作ができるため、基本的には全てが在宅で完結します。

クラウドソーシングサイト以外で在宅案件はほぼない

クラウドソーシングサイトでは在宅案件がほとんどですが、逆にクラウドソーシングサイト以外では在宅の案件はほぼありません。
例えば、フリーランス向けのエージェントが持つ案件は、その大半が客先に常駐する案件のため、在宅でできるものではありません。
したがって、クラウドソーシングサイトがおすすめというよりはむしろ、クラウドソーシングサイトにしか在宅案件がない正解です。

クラウドソーシングサイトで稼ぎやすい仕事

クラウドソーシングサイトで稼ぎやすい仕事

在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由を見てきました。
次に、クラウドソーシングサイトで稼ぎやすい仕事を解説していきたいと思います。

動画編集

最近はYouTubeで動画を配信される方がかなり増えてきているため、動画編集の仕事が多くなっています。
そして、動画編集はスキルが求められ、誰にでもできる仕事ではないため、単価も決して安いわけではありません。
YouTuberからの発注が多いためか、基本的には継続して仕事を発注してくれるクライアントが多いため、収益は比較的高く安定します。

ライティング

ブログ等のメディアで広告収入を得ているサイトがいまだに多い理由から、ライティングの仕事も多いです。
ライティングも完全未経験では拙い文章となってしまうことから、ある程度スキルの必要な仕事として認知されています。
専門性のある内容の単価の高い仕事があるうえに、定期的に発注してくれるクライアントも多いため、こちらも比較的収益が高く安定しやすいです。

プログラミング

最近はPHPベースのWordPressで作られているサイトが多いため、その手直しとしてプログラミングの仕事も多いです。
もちろん、プログラミングの仕事にはWordPress以外にも、新規のシステム開発やWebスクレイピング等の仕事もあります。
どちらかというとスポットの仕事が多いため、動画編集やライティングよりは継続取引にはなりにくいですが、専門性が高く単価が高水準であることが魅力の仕事になります。

クラウドソーシングサイトで稼ぐ手順

クラウドソーシングサイトで稼ぐ手順

以上で在宅の副業ならクラウドソーシングサイトがおすすめの理由とクラウドソーシングサイトで稼ぎやすい仕事を確認してきました。
最後に、実際にクラウドソーシングサイトでの副業の経験のある筆者が、クラウドソーシングサイトで稼ぐ手順をまとめたいと思います。

①スキルの習得

クラウドソーシングサイトでは基本的には何かしらのスキルがないと仕事をすることができません。
発注者は、忙しくて自分ではできない、というよりは、自分にそのスキルがない、という理由で発注していることも多いからです。
したがって、仕事をするためには、まずはスキルを身につける必要がありますが、例えば、プログラミングであれば、プログラミングスクールで学ぶことも可能です。

②経験作り

スキルを習得するためには、学習しただけでは、実践的な能力はまだできあがっていません。
この状態で仕事をすると大きな失敗や挫折をしてしまう可能性が高いため、仕事を行う前に必ず自分自身でも作品を出す等して経験を作っておきましょう。
例として、プログラミングであれば、自分でゼロからWebサービス(アプリケーション)を開発して運用してみることで、各工程の仕事が担当できるようになると思います。

③応募

スキルの習得や実際に経験ができた後は、クラウドソーシングサイトで自分がこなせそうな案件に応募しましょう。
競争率が高く自分が選ばれる確率は低いため、こなせると思った案件にはできるだけ多く応募し、そして少し単価を下げておくと良いでしょう。
ここで単価を下げる理由は、クライアントがランサーを選ぶ基準のほとんどが価格であり、逆にそれ以外の基準があるとしたら、初心者が選ばれることはかなり厳しくなるからです。