副業におすすめのプログラミング言語【現役エンジニアが解説】

LIFE

副業におすすめのプログラミング言語を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 副業におすすめのプログラミング言語を知りたい
  • プログラミング言語の効率的な学習法を知りたい
  • 副業で選ぶべきプログラミングの仕事を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、副業におすすめのプログラミング言語とプログラミング言語の効率的な学習法を解説しつつ、副業で選ぶべきプログラミングの仕事をまとめています。

副業におすすめのプログラミング言語

副業におすすめのプログラミング言語

副業でプログラミングを検討されている場合は需要のある言語を選ぶべきです。
この記事では、まずは、副業におすすめのプログラミング言語を解説していきたいと思います。

第1位:PHP

クラウドソーシングサイトで最も多い案件がPHP関連の開発や修正の案件です。
また、コードの書きやすさや情報の多さからも、学習難易度が最も低い言語でもあるので、PHPは初心者にもおすすめの言語です。
Web系の言語では、Rubyが一世を風靡しましたが、結局PHPもLaravelという強力なフレームワークを確立してきたため、現在ではどこでも動くPHPの方が有力な言語となっています。

第2位:JavaScript(jQuery)

クラウドソーシングサイトでPHPに次いで案件の多い言語はJavaScriptになります。
ちなみに、PHPがバックエンド(サーバ側)の言語であるのに対し、JavaScriptはフロントエンド(ブラウザ側)の言語のため、そもそも役割が異なります。
したがって、案件によっては、PHPだけでなくJavaScriptも同時に求められるということも多々あるため、時間が限られていなければいずれも学ばれると良いと思います。

第3位:Python

クラウドソーシングサイトでは少数派ですが、一定数案件が出てくる言語として、Pythonがあります。
Pythonは機械学習やAIといった高度な領域でよく耳にする言語だと思いますが、それ以外に通常のアプリ開発でもよく利用されます。
クラウドソーシングサイトではどちらかというと、この通常のアプリ開発で求められていることが多いため、高度な学習は必要ないことがほとんどです。

プログラミング言語の効率的な学習法

プログラミング言語の効率的な学習法

ここまでで副業におすすめのプログラミング言語を見てきました。
次に、プログラミング言語の効率的な学習法を解説していきたいと思います。

作りたいものに向けて学習する

プログラミングもしくはその言語を学ぶ際には、まずは学習で作りたいものを決めましょう。
作りたいものがない中で学習をしようとすると、学習の方向性が失われ、効率がかなり悪くなってしまうからです。
また、プログラミングはアウトプットが大事で、参考書を何週もして覚える、というものではないため、常に手を動かして覚えることが効率的だからという理由もあります。

アウトプットしながらインプット

プログラミング学習では、アウトプットが最も重要ですが、インプットももちろん必要です。
しかし、インプットを先にしてからアウトプットではなく、アウトプットをしつつインプットも行うという方法が最も良いでしょう。
超初期段階はともかくとして、アウトプットで実際に手を動かして覚えることが一番の近道のため、参考書を使う場合には逆引き的に使うことをおすすめします。

必ず一つの作品をゼロから作り上げてみる

本業にしても副業にしても、仕事でプログラミングをされる場合、開発のどの工程を担当することになるかはわかりません。
そのため、後々どの工程にも対応できるように、学習の段階で、必ず一つの作品をゼロから最後まで作り上げてみるようにしましょう。
ネットにもサンプルコードがたくさんある時代のため独学でも十分可能ですが、不安のある方はプログラミングスクールを利用して学習することも検討されると良いと思います。

副業で選ぶべきプログラミングの仕事

副業で選ぶべきプログラミングの仕事

以上で副業におすすめのプログラミング言語とプログラミング言語の効率的な学習法を確認してきました。
最後に、プログラミングの副業をされる方の参考となるように、副業で選ぶべきプログラミングの仕事をまとめていきたいと思います。

スクラッチ開発

スクラッチ開発とは、ゼロからサービスやシステムを開発することです。
当然工数がかかるため、このような案件では、より多くの報酬を得ることができるので、一案件でも取れればかなり稼ぐことができます。
しかし、難易度はそこそこ高いため、プログラミング学習直後いきなりこのような案件を取るのは避けて、ある程度経験を積んでから取るようにしましょう。

バックエンド開発

バックエンド開発とは、クラウドソーシングサイトでは、ほぼPHPでの開発を指すことになります。
バックエンドはサーバ側の機能を実装することがメインの役割のため、デザインセンスが問われることがないので難易度は低いことが多いです。
また、納品後にトラブルになる確率も、人の感性や気分によって要件が変わりやすいフロントエンドの仕事と比べると、かなり低いのでおすすめです。

サーバ・データベース移行

クラウドソーシングサイトにはシステム等の開発や修正の案件だけでなく、サーバ・データベース移行の案件も割りとあります。
これらは実質ファイルをFTPで移動するだけで終わることも少なくなく、それでいて比較的高い報酬をもらうことができるのでおすすめです。
ただし、ドメインも変わる場合には若干手間がかかることもありますので、余力があればサーバやネットワークのことも学ばれると良いと思います。