副業のメリットとデメリット【現役エンジニアが解説】

LIFE

副業のメリットとデメリットを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 副業のメリットを知りたい
  • 副業のデメリットを知りたい
  • 副業に向いている方の特徴を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、副業のメリットとデメリットを解説し、副業に向いている方の特徴をまとめています。

副業のメリット

副業のメリット

副業にはメリットとデメリットがあります。
まずは、副業のメリットから解説していきたいと思います。

本業の収入の支えになる

どの程度副業するかによっても変わってきますが、副業は多かれ少なかれ本業の収入の支えになります。
実際に筆者も駆け出しのエンジニアであった頃は本業の収入が初任給程度であったため、足りない分を副業でカバーしていました。
中には副業の収入がなければ生活費が足りない月もあったぐらいなので、正社員で給料が低いと感じている方には特におすすめです。

スキルアップができる

副業で行う仕事は必ずしも本業と同じではないと思いますが、同じであれば副業を通じて本業のスキルをアップさせることができます。
例えば、筆者はエンジニアですが、副業でも開発の仕事を請け負うことで、プログラミングや要件定義のスキルを磨くことができました。
特にキャリアの初期の段階では場数をたくさん踏むことを目標とした方が良いので、副業を通じて自分にとりわけ不足している領域の経験を増やしておくと良いでしょう。

人の役に立てる

副業は基本的にはランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトを利用し、行うことになります。
これらのサイトでは悩みを持った方や仕事の依頼をされたいクライアントが案件を登録しているため、我々ランサーがそれに応じる形となります。
本業とは異なり、自分一人で仕事をしていき、人の役に立っていることを直接実感しやすいため、自分の仕事にやりがいを感じながら、稼ぐことができます。

副業のデメリット

副業のデメリット

ここまでで副業のメリットを見てきました。
次に、副業のデメリットを解説していきたいと思います。

本業以外でも労働する必要がある

副業と言うとちょっとしたことのように思えますが、稼ぐためには相応の時間を投入する必要があります。
筆者もキャリアの初期の段階ではごりごり副業をしていましたが、かなり詰め込みすぎたため、正直残業をしているような気分になりました。
実は副業は、労働への対価として報酬を受け取っている点で本業と何ら変わらないため、労働時間を増やすこと(=残業)を意味しているのです。

スキルにより需要に差がある

副業では基本的に自分の得意なスキルを活かして仕事をしていくことになりますが、スキルによっては全く仕事がない場合もあります。
例えば、本業で経理をされている方は、このスキルを副業でも活かそうと思っても、なかなか仕事が見つからない可能性が非常に高いです。
ご参考までに、副業で最も仕事の数が多いものは、ライティングやプログラミングの仕事で、特にプログラミングは専門性が高く単価が高いことで知られています。

会社にバレる場合もある

本業で会社員をされている場合、副業での稼ぎが20万円を超えると確定申告をする必要があります。
確定申告をすると、会社が天引きしてくれている住民税が上がってしまうので、会社も副業の存在を知ることになります。
しかし、この問題は、確定申告の際に「住民税に関する事項」で「自分で交付」を選ぶことで未然に回避することができます。

副業に向いている方の特徴

副業に向いている方の特徴

以上で副業のメリットとデメリットを確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、副業に向いている方の特徴をまとめたいと思います。

プログラミングが得意な方

プログラミングは単価が高く、クラウドソーシングサイトの仕事の数も多いため、副業におすすめです。
専門性がやや高いため、スキルがない方はまずは習得する必要がありますが、コンピュータ操作が得意であれば独学でも可能だと思います。
本業でエンジニアへの転職を考えている方等であれば、プログラミングスクールを利用して学習をすることでスキルを習得するという手段もおすすめです。

収入源を分散させたい方

現代は正社員といっても同じ会社で定年まで勤め上げるといったこともなく、派遣社員等の不安定な雇用形態も増えてきました。
さらに技術等の変化の激しい時代になってきているため、収入源が会社からの給与所得だけでは、少し心もとない状況と言えるでしょう。
したがって、収入源を一つに依存せず、分散させておいた方が良いことは明らかですので、その点でも副業で新たな収入源の開拓をしておくことはおすすめです。

スキルアップ目的の方

副業では自分のスキルを売りにして仕事をしていくため、スキルアップをしていくことができます。
筆者はエンジニアですが、経験した仕事の数で言えば副業の方が多いため、本業でもそのときの経験が大いに役に立っています。
また、副業を通じたスキルアップによって、本業の収入も上がる可能性が非常に高く、一石二鳥の結果となることも多いため、副業はおすすめと言えます。