英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由【現役エンジニアが解説】

LIFE

英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由を知りたい
  • プログラミングスキルの良さを知りたい
  • プログラミングで稼ぐ手順を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由とプログラミングスキルの良さを解説しつつ、プログラミングで稼ぐ手順をまとめています。

英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由

英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由

英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめです。
この記事では、まずは、その理由から解説していきたいと思います。

プログラミング言語は英語

数パーセントの例外はあるものの、プログラミング言語は基本的には英語でできています。
そのため、プログラミングの書き方がわからなくても、英単語の意味さえわかっていればプログラミングの意味が大体わかります。
実際に筆者も英語が得意だったので、未経験の状態から、たいして勉強せずとも、プログラミングの意味を理解しどんどん書けるようになっていきました。

プログラミングの情報はほとんどが英語

プログラミングでは、行き詰まった際に、グーグル等で検索をかければ大体の問題が解決されます。
エラーメッセージ等で検索をかけると英語で書かれたサイトが多数ヒットするため、英語が読めるだけで世界が広がり、解決の可能性がかなり増えます。
また、公式マニュアルも基本的には英語をベースとして書かれていることが多く、翻訳版があったとしても最新版ではないことも多々あるため、べき論で語ればプログラミングに英語力は必須と言えるでしょう。

翻訳よりもプログラミングの仕事の方が稼げる

クラウドソーシングサイトで仕事を探してみると、英語の翻訳よりもWebデザインも含めたプログラミングの方が仕事の数が多いです。
また、翻訳は翻訳の仕事だけですが、プログラミングは要件定義から設計、製造、検証の各工程の仕事があるため、単価も高いことが多いです。
翻訳とプログラミングはいずれも専門性は高いですが、仕事の数や単価で見た際には、プログラミングの方が副業に向いているということが言えるでしょう。

プログラミングスキルの良さ

プログラミングスキルの良さ

英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由を見てきました。
次に、プログラミングスキルを持っていることの良さを解説していきたいと思います。

手に職をつけられる

プログラミングスキルを持ったプログラマーやエンジニアのことを一般には技術者と呼びます。
技術を持つということは、手に職をつけるということであり、専門性が高いため、集団の中でも差別化戦略を取りやすいです。
ITはたしかに進化の激しい産業ではありますが、プログラミング言語そのものはあまり変化がないため、一度付けた技術はある程度のスパンで使い続けることができるので、言語からきちんと学んでいればつぶしは利きやすいです。

論理的な思考力を養える

プログラムを書く上では論理的思考が必要であり、よく言われるプログラミング思考力とはズバリ、論理的思考力のことです。
コンピュータは書かれたプログラミングのとおりに処理を実行してくれるため、書いたコードが正しいものであれば、自分を裏切ることはありません。
どんな仕事でも論理的に考える必要はあるものですが、プログラミングは論理そのものなので、筋道を立てて考える力をダイレクトに身につけることができます。

在宅で仕事がしやすいうえに単価も高い

副業レベルのプログラミングの仕事は、簡単に言えば、コードを書いて納品するだけのものが大半のため、在宅で仕事ができます。
クラウドソーシングサイトを見てみると、中にはサーバ上での作業が発生する案件もありますが、基本的には遠隔操作で作業が可能です。
在宅勤務は単価が安いイメージを持たれている方も多いと思いますが、プログラミングは専門性が高く、単価が高水準のため、副業やフリーランスの働き方にはピッタリです。

プログラミングで稼ぐ手順

プログラミングで稼ぐ手順

以上で英語が得意ならプログラミングの副業がおすすめの理由とプログラミングスキルの良さを確認してきました。
最後に、英語が得意な現役エンジニアが、自身の経験から、プログラミングで稼ぐ手順を解説していきたいと思います。

①プログラミング学習

プログラミングの仕事を受けられるようにするためには、まずはプログラミングの学習をしていきましょう。
プログラミング学習は英語が得意な方であれば、比較的スムーズに進められると思いますが、一部では数学(算数)も出てきます。
こういった点に苦手意識のある方やエンジニアへの転職もあわせて考えている方等は、プログラミングスクールを利用して学習することも良い選択肢と言えるでしょう。

②サービスを何か一つ開発

プログラミングに関しては、参考書を何週もすれば覚えられる、という代物ではないため、学習の際には実際に手を動かして覚えていきましょう。
具体的には、サービス(アプリケーション)を自分でゼロから(とりあえず)最後まで作り、プログラミングの一連の流れをアウトプットを通じて理解することは最低でもしておきましょう。
プログラミングスクールでもサービスの開発を標準でカリキュラムに入れているところは多いですが、これは実際に仕事を受注した際にどの工程にも対応することができることを目標としているからです。

③クラウドソーシングサイトで受注

プログラミング学習と実際の開発、すなわち、インプットとアウトプットが無事できたら、プログラミングスキルが身についたと言えるでしょう。
そしたら、ランサーズやクラウドワークスといったクラウドソーシングサイトを利用して、自分ができそうなプログラミングの仕事にたくさん応募していきましょう。
たくさんのランサーから応募が殺到することもあり、評価が少ないうちは普通に応募しても自分が発注先として選ばれることは少ないため、多少単価を落とした上で応募されると仕事を受けることができるようになると思います。