QRコードを使ったシステム開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、QRコードを使ったシステム開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

QRコードとは

QRコードとは2次元バーコードのことです。

横方向のみの1次元バーコードとは異なり、縦方向にも情報を持ちます。

誤り訂正機能があるため、ある程度の汚れがあっても読み取ることが可能です。

QRコードを使った開発のメリット

QRコードのメリットはなんといっても持たせられる情報の多さです。

1次元バーコードとは異なり、数字だけでなく文字列も持たせる余裕があります。

多くのプログラミング言語でライブラリがあるため、開発工数もかかりにくいです。

QRコードを使った開発のデメリット

デメリットを挙げるとすれば、すぐにQRコードが大きくなってしまう点です。

当たり前ですが、QRコードに情報を持たせれば持たせるほどQRコードは大きくなります。

そのため、長いURLを埋め込む際には、一旦短縮URLを埋め込み、リダイレクトで長いURLに遷移させる方が良いでしょう。