【現役エンジニアが選ぶ】PythonとAIが学べるプログラミングスクール3選

PROGRAM

PythonとAIが学べるプログラミングスクールを知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • Pythonがどのような言語か知りたい
  • AIとPythonの関係や何を学べば良いか知りたい
  • PythonとAIが学べるプログラミングスクールを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、Pythonの言語的特徴やAIとの関係を解説しつつ、PythonとAIが学べるスクールを3つ紹介しています。

Pythonとは

Pythonとは

まず、Pythonとは何かについて、以下の3つの点を解説したいと思います。

  • Pythonの言語的特徴
  • Pythonの用途
  • Pythonのライバル

順番に解説していきます。

Pythonの言語的特徴

Pythonはプログラミング言語の一つで、しばしばWeb系の言語と呼ばれることもありますが、Web系だけでなく、通常のアプリ開発にも選択される言語で、かなり幅広く利用されています。

Pythonは、プログラムを動かすために中間言語に落とし込む「コンパイル」という作業が不要なスクリプト言語となっており、さらにデータ型も宣言する必要のない動的型付けの言語のため、初心者にとっては比較的入り込みやすい言語となっています。

ただし、C言語はもちろん、PHPやJavaScriptなど伝統的なC言語の形式に慣れている方にとっては、Pythonは書き方が少し異なるため、既にエンジニアをされている方から見ると取っつきにくい言語と思われることがあります。

とはいえ、環境さえ用意してしまえばプログラムを書けばすぐに動かすことができるので、AIなどの分野に興味がある初心者には非常におすすめの言語です。

Pythonの用途

PythonはWeb系アプリの開発に使われることもありますが、最近ではAIの開発をするために使われる言語として注目を集めています。

AIの分野は間違いなくPythonが選択されると思うのですが、Web系に関しては必ずしもそうとは言えません。

たしかにWeb系フレームワークも最近は充実してはいますが、AI開発も行っている会社がついでにWeb系の開発も行う、といった場合に使われるイメージが強いです。

もしAIの学習をしようと思うなら、Pythonはまず間違いなく学んだ方が良い言語ですが、Web系開発を志望する場合には、後述する他のライバルの言語を選択される方が初めのうちは良いと思います。

Pythonのライバル

Pythonは、AIにおいてはほぼ独占的な地位にあると思いますので、ライバルの言語はあまりありません。
一方で、Web系においては、PHPやRubyという強いライバルがいます。

PHPもRubyも、Pythonと同様にスクリプト言語で動的型付けの言語なので、どれを使ってもほぼ一緒というイメージはあるのですが、サンプル数や文献数の面で、PHPやRubyの方が勝っているため、この二つの言語と比較すると、Pythonが選択されるケースは結構少ないです。それこそ、AIも使う際に相乗効果が得られる、といった程度のメリットです。

ただし、PHPのLaravelやRubyのRuby on Railsなどのフレームワークと同じように、PythonにもDjangoというMVCフレームワークがあるため、機能や使い勝手が劣るということはありません。

AIの場合は間違いなくPythonが強いので、AIエンジニアとしてご活躍されたい場合はPythonを選んでおいてまず間違いないと思います。

AIとは

AIとは

次に、AIとは何かについて、以下3つの視点から解説します。

  • AIの概要
  • PythonとAIの関係
  • AIを開発するために必要なもの

一つひとつ見ていきましょう。

AIの概要

AIとは、Artificial Intelligenceの略で、人工知能という意味のワードになります。
AIは、機械学習やディープラーニング(深層学習)を内包する概念であり、人間と同様の知能を持ったプログラムや技術を表します。

AIは、人間と同じように、あるものの特徴をつかんでモデル化(法則化)し、それを自動でシステム化するという機械学習によって、作られていきます。

また、自然言語処理という文章理解などの機能もAIには必要とされる要件であることが多く、今まであまり行ってこなかったようなプログラミングが求められています。

2017年以降はAIの分野が大きく発展し、AIエンジニアと呼ばれる職業も一つ増えました。日本においても文献数やサンプル数が増えて来たうえ、需要も増えていますので、今後ますますAIエンジニアの数も増えて来るものと思われます。

PythonとAIの関係

Pythonは、AIや機械学習系のライブラリが非常に充実しているので、AI開発においては選択されることが多い言語です。具体的にはNumPyやPandas、scikit-learnというライブラリがデータ分析や機械学習ではよく使われるので、学習を進めて行く過程で必ず触れるようにしましょう。

データ解析の分野では、R言語もよく利用されていますが、機械学習やAIとなるとPythonが選択されます。R言語はあくまで統計解析向けに特化している言語だからです。

AIを開発するために必要なもの

AIを開発する際には、必要なものは主に3つあります。

一つ目はPythonの知識です。
理由は先程述べたとおり、AIのライブラリが最も充実している言語がPythonだからです。

二つ目は機械学習の知識です。
これはお作法的な知識で、本来であれば数学的知識に裏付けられていなければいけませんが、最初はハードルが高いので、数学は後回しでもとりあえずなんとかなります。

三つ目は数学的知識です。
微分・積分、行列・ベクトル、線形代数、確率・統計といった分野がメインです。
特に機械学習を行うためには、線形代数は必須の知識になります。

PythonとAIが学べるプログラミングスクール3選

PythonとAIが学べるプログラミングスクール3選

ここでは、PythonとAIが学べるプログラミングスクールを3つ紹介しています。

Aidemy

Aidemyでは、AIアプリ開発コースやデータ分析コース、自然言語処理コースなどのAIの分野に特化したコースを開催しています。
AI開発コースでは、例えば、画像認識を利用した機械学習を用いたWebサービスを作成することができ、データ分析コースでは、株価予測やタイタニック号の乗客の生存率を予測する課題などをこなしながら、AIプログラミングについて学習することができます。

受講期間内であれば、各コースの課題を自由に選べるので、自分が学ぶ内容を決めることができます。チャットサポートはメンターが24時間受け付けているので、とても頼りになります。
また、転職相談もあるため、将来のキャリアについて迷いがある場合には遠慮なく相談をして、自分の進路を吟味すると良いと思います。

授業の内容に満足いかなければ、2週間以内であれば料金の全額返金をしてもらえます。

場所に関しては、オンラインでの受講となるため、PCさえあれば、いつでもどこでも授業を受けることができます。

以下スクールの詳細です。

期間 3~6ヶ月
場所 オンライン
料金 一括の場合3ヶ月480,000円
※全額返金制度あり
就職 転職相談あり
内容 AIやデータ分析、自然言語処理などのAIエンジニアに必要な知識を身につけることができます。受講期間内であればコースを横断しての受講可能
条件 特になし

TechAcademy

TechAcademyでは、AIを学べるコースとして、Pythonコースが用意されています。
このコースでは、画像やデータの分類や市場価格の変動の予想などのプログラムを開発することで、AIプログラミングのスキルを身につけることができます。

TechAcademyのメリットは、オンラインで完結するということです。すなわち、教室に行けないような方、あるいは毎日通いたくない方でも、パソコンさえあればどこでも学ぶことができます。

期間も可変的で、自分のスケジュールに合わせて最適な期間を選ぶことができます。ただし、その分料金はかかってしまいます。最短で1ヶ月で学習を終えることができます。

週2回1回30分のマンツーマンメンタリングや15~23時のチャットサポートの体制があるため、悩みやトラブルがあれば、相談することですぐに回答をもらうことができます。

以下はコース詳細です。

期間 1~4ヶ月
場所 オンラインのみ
料金 1ヶ月139,000円~(学生は109,000円~)
就職 紹介やスカウト、面接対策あり。
内容 画像解析やデータセットからの分類、住宅価格やビットコインの価格の予想などのプログラム開発を行うことで、AIプログラミングのスキルを身につけます。
条件 特になし

TECH::CAMP

TECH::CAMPでは、AIを学べるコースとして、AI入門やAIアプリ開発のメニューがありますので、初めての方でもアプリが開発できるようになるまでAIプログラミングを学習することが可能です。

TECH::CAMPは月額制でしかも月額料金が安く、期間に定めがないので、自分のペースで学びたいという方でも金銭面で安心して学習を進めて行くことができます。

また、全額返金制度もあるため、もし最初の7日間で内容が気に入らないようであれば、全額返金してもらうことも可能です。スクールやプログラミングとの相性が合うか心配な方でも安心して受講できます。

場所に関しては、オンラインでも可能ですし教室でも可能ですので、どちらの形式でも受けることができます。

以下がスクールの詳細です。

期間 不定
場所 東京/名古屋/梅田/オンライン
料金 入会費用:148,000円、月額料金:14,800円
※全額返金制度あり
就職 手厚い就職サポート等はなし
内容 AIの仕組みや原理を理解し、機会学習を利用したプログラムが書けるようになります。開発メニューではチャットボットや株価予測のモデルを作成することができます。また、AIの他、WebプログラミングやWebサービス開発を一通り学ぶことも可能
条件 特になし

PythonとAIの学習におすすめのプログラミングスクールまとめ

  • Aidemy
  • TechAcademy
  • TECH::CAMP

いずれもPythonとAIを学ぶことが可能ですが、料金や場所、内容などを総合的に判断しつつ、ぜひ自分に合ったプログラミングスクールを検討してみて下さい。