プログラミングスクールは無駄じゃない!【面接官が不要論を否定】

PROGRAM

プログラミングスクールが無駄かどうか悩んでいる方に。

この記事を読まれている方は、

  • プログラミングスクールは無駄かどうか知りたい
  • プログラミングスクールに通うメリットを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。
また、ITベンダーにて開発部グループ長として面接官もしています。

この記事では、現役のエンジニアが、プログラミングスクールは無駄じゃないというお話をしたいと思います。

プログラミングスクールは無駄じゃない【面接官が不要論を否定】

プログラミングスクールは無駄じゃない【面接官が不要論を否定】

現役エンジニアで面接官もしている私が断言しますが、

プログラミングスクールは無駄ではありません。

理由は主に3つあります。

  • やる気が伝わってくる
  • 適性を確認済み
  • プログラミングスキルを習得済み

一つずつ解説していきます。

やる気が伝わってくる

面接の場で口だけ達者という方がよくいます(笑)
私の部下にも、入社前に「何かしておくことはありますか」とやる気を見せていたものの、入社後は居眠り・・・なんて人もいました。

やる気の問題は根の性格も関わってきますので、色々な方向から判断しないといけないのですが、それでもプログラミングスクールを卒業されている方であれば、
わざわざ自分のお金を払ってまでして就職のためにプログラミングスキルを習得しているので、面接官に本物のやる気を感じさせることができます。

うわべだけやる気のある人は決してそこにお金を投資したりしませんからね。

ゆえに、やる気を見せる客観的な根拠としてプログラミングスクールに通うという手段はかなり有効なのではないかと思います。

適性を確認済み

プログラミングスクールに通って、ちゃんと卒業もしているような人は、適性がないはずがありません。
労働や人間関係に耐性があるかとかはまた「別の適性」の話ですよ。
ここではあくまでプログラミングの適性の話をしています。

プログラミングって結構合わない人がいるんですよ。
センスのある人だと1ヶ月もしないうちに未経験からスクール不要で即戦力になる方もいますし、半年かけても一年かけても電話対応とかテストしかできない人もいます。

逆にできる人というのは上流工程(要件定義や設計)にもどんどん参加していける人な気がします。
できない人ほど下流(製造やテスト)にこだわる・・・そんなイメージがあります。

これには積極性の問題も絡んでいて、先ほどお話しした「やる気」と似ているところがあります。
ただ、どんなにやる気があっても「合う」「合わない」の問題は出てきますよね。

採用する側としては、その辺の判断の時間を無駄にしたくないので、ある程度継続できている客観的根拠があれば尚良しと思うわけです。

この点においても、プログラミングスクールは良い根拠になるということがわかると思います。

プログラミングスキルを習得済み

ここは企業側にとっては最も大事なところです。

未経験ではあるものの、プログラミングスクールを卒業しているということは、プログラミングスキルを一通り習得しているはずなので、企業としては研修のコストがあまりかからないことを意味しています。

企業は学校ではないので、「学びながら」は許されても「学んでから」働くというのは許されません。いくら売り手市場(労働者側が強い市場)とはいえ、企業にも営業の自由がありますから、最低限の知識や経験のボーダーラインは設けています。

もちろん独学で習得された方でも、きちんと能力があればウェルカムです。

未経験者に対しては、客観的な能力を測るために、簡単なプログラミングの筆記試験を実施しているところが多いと思います。
私の所属する会社でも実施していて、プログラミングスクールや独学でしっかり勉強された方であれば、普通にパスできる内容です。

筆記試験をしない所においては、独学よりプログラミングスクール卒業という経歴が大事になってきます。
「独学しました!」という人と「卒業しました!」という人のどちらが、信頼性があるかという話です。
人間としての信頼性ではなく、あくまで話としての信頼性です。

ここでも客観的根拠という意味でプログラミングスクールが有用であるということがわかりますよね。

プログラミングスクールに通うメリット

プログラミングスクールに通うメリット

別の記事では採用側にとっての通うメリットを考えてきましたが、ここでは読者の皆さんにとってのメリットを考えていきます。

  • 客観的根拠として使える
  • 趣味や副業でも活用できる
  • 論理的な思考力が養える

プログラミングスクールに通うメリットは最低でもこの3つはあるのではないかと思います。

客観的根拠として使える

面接官にとっては、未経験者を評価する際に、先ほど言った「やる気」や「適性」、「知識」というものを、本人の自己申告だけを頼りに測るのは少々危険が伴います。

そこに「プログラミングスクール」という第三者機関の審査を通過しているという事実があることによって、本人の申告に一定の信頼性が保たれます。

「そんなことない」って思う方もいるかと思いますが、そういう方は逆にそれ以外でどう評価したら良いか考えてみてください。

例えば、自分で作ったWebのサービスがあったりすれば評価できるかもしれませんが、未経験のため、現実にはこのようなポートフォリオを提出できる方はほぼ皆無でしょう。

「イラストレーターなどを使いこなせる能力があるけどプログラミングはできない、でもプログラマーになりたい」なんて人もたまにいて、そういう方が採用されるパターンもあります。
ただ、そういう方は「イラストレーター使い」という理由でほぼ採用されているので、ちょっと別の評価のされ方をされています。

このように別のアピールポイントがあるわけでもなければ、何か客観的に能力や適性を証明する根拠を持っておいた方が良いです。
比較的容易に用意できるものがプログラミングスクールの経歴というわけです。

趣味や副業でも活用できる

プログラミングスクールで身につけたスキルの活用先は何も本業の仕事だけにとどまりません。
趣味で自分のWebサービスを作ったり、ランサーズやクラウドワークスなどで副業をして稼ぐのに活用したりすることもできます。

個人的にはプログラミングほど稼ぎやすい副業はないと思っています。
背景には一般にも広く端末やWebが普及しているという理由が挙げられます。

別の記事で、プログラミングで副業で稼ぐ方法について解説していますので、プログラミングスキル習得後にぜひトライしてみてください。

論理的な思考力が養える

プログラミングはなんとなくじゃ期待する動作をしません。
上から下に命令が実行されていくので、プログラムを書く上にはフローをはっきりさせないといけないですし、
繰返や分岐の処理も条件をきちんと定義しないと機能しません。

要するに曖昧なものがない世界です。
そのため、システムやロボットは融通が効かないとたまに非難されることもありますが、逆にいえば、とても論理的に動くということです。

つまり、プログラミングを習得することによって、必然的に論理的な思考力も養えるということなのです。

この能力は言わずもがな、社会人として世の中で生きていくために必要とされる基本的な能力です。

私自身も今まで適当に生きてきた感が強いのですが、エンジニアへの転職を通じて、物事をとても論理的に考えるようになった、というか考えざるを得なくなったと感じています。

エンジニアはユーザーの業界や業務を理解した上で、最適なソリューションを提供しなければいけないので、論理的思考力は必須なのです。

大げさなことを言いましたが、習慣化すればそんなに難しいことでもないので、迷っている方はとにかくプログラミングを始めてみることが大事です。

まとめ:プログラミングスクールは客観的根拠になる

まとめ:プログラミングスクールは客観的根拠になる

いくつかメリットを挙げましたが、最も大事なことは、プログラミングスクールはプログラミングに関する「客観的根拠」になるということです。
スクールという第三者機関があなたのプログラミングスキルを証明してくれるのです。

独学の場合は全部自分でそれを証明しないといけません。
もちろんスクールはタダではないため、それぞれの事情に合わせてどちらかを選択する必要があります。

スクールに関しては金額も含めて不安な点が多いと思いますので、別の記事で解説をしています。よかったら一度読んでみてください。