プログラミングは簡単にできる?【現役エンジニアが簡単にする方法を解説】

PROGRAM

プログラミングを簡単にしたいと思っている方に。

この記事を読まれている方は、

  • プログラミングは簡単なのか知りたい
  • プログラミングの簡単な部分と難しい部分を知りたい
  • プログラミングを簡単にする方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、プログラミングは簡単にできるのか、というテーマでお話をし、簡単にする方法を最後にまとめています。

プログラミングの簡単なところ

プログラミングの簡単なところ

結論から言うと、プログラミングは簡単な部分もあれば、難しい部分もあります。
まずは、プログラミングの簡単な部分を挙げてみたいと思います。

  • 大体はコピペで動く
  • 自分が書いた通りの動きをする
  • 人間がわかりやすい言語で書ける

順番に解説していきます。

大体はコピペで動く

情報が溢れるほど転がっている現代においては、プログラミングに対する敷居はかなり低くなってきています。

全く新しい分野でない限りは、基本的にはネットにたくさんサンプルコードが転がっており、大体はそれをコピペするだけで、プログラミングができてしまいます。

全く同じ目的を持った人というのはあまりいないはずなのですが、違う目的であっても、実装するものには必ず共通するものが含まれています。

例えば、データベースに接続してデータを取得・追加・更新・削除する処理というのは、たいていのプログラムに必要となってきますよね?
その他、ネット上の他のサービスと連携をしたり、ウェブサーバーとデータのやり取りをする機能というのも、システム等を作る場合は、ありふれたことだと思います。

そういった汎用的な機能というのは、どんなものを作るにしても利用するため、使い回しが効くのです。

このように先人たちの知恵がある場合は、利用するに越したことはありません。
ネット上には同じようなものを実装している人がたくさんいますので、ぜひ積極的に利用してみて下さい。

自分が書いた通りの動きをする

プログラムは自分を裏切りません。

プログラマーが書いた通りに動作し、それ以上・それ以下の動きをすることはありません。

これを人に命令するとしたら、おそらく人それぞれ微妙に動きが異なり、必ずしも期待する働きをしてくれるかどうかわかりません。

しかし、プログラミングでは、命令文通りに確実にプログラムが実行されていきます。

これがプログラミングの簡単なところでもあり、難しいところでもあります。
逆に言えば、融通が利かないということです。

例えば、状況に応じて、というのはプログラマーがそのように設計をしていない限りは、絶対に対応できません。

ですが、融通は利かないものの、同じ作業を繰り返し行うような処理では、人間にやらせるよりはプログラムにやらせた方が明らかに簡単ですし、確実なのも確かですよね。

人間がわかりやすい言語で書ける

プログラムも、昔のように機械語やアセンブリ言語という人間にわかりづらい言語で書く必要はなく、C言語やJavaなどの人間にわかりやすい高級言語で書けるので、昔に比べたらだいぶ簡単になりました。

英語が得意な人であれば、予約語(命令語)が英単語だらけなので、楽々その意味が解読できるでしょう。

英語が不得意な方であっても、中学・高校レベルの英語で対応できますので、さらっと復習しておくだけで、プログラムの大半の意味は理解できるでしょう。

一方、開発者自身が付ける関数や変数などの名前に関しては、開発者によって癖が強いので、人が書いたソースを解読することは難しさを伴うかもしれません。

ですが、例えば、チーム開発などであれば、あらかじめコーディング規約というものを設けることで、名前の付け方も画一化でき、癖を減らすことができるでしょう。

このように、高級言語であれば、プログラミングの命令語の分かりにくさはだいぶ解消されていますので、誰でも簡単にプログラミングをすることができます。

プログラミングの簡単でないところ

プログラミングの簡単でないところ

残念ながら、プログラミングも簡単なところばかりではありません。
難しさとしては以下も挙げられるでしょう。

  • 他人のコードを読むのが苦痛
  • フローを整理しなければならない
  • 複雑化するとバグの原因を探すのが困難

一つひとつ解説していきます。

他人のコードを読むのが苦痛

自分で書いたコードでさえも、忘れた頃に見てみるとわけがわからないものです。

ですので、他人の書いたコードなんてもっとわからないでしょう。
ネットで検索したコードをコピペすれば大体動きますが、微妙に自分の期待する動きと違う場合、そのコードを解析して、該当箇所の修正をしなければいけません。

この時、ある程度プログラミングの基礎がわかっていないと、自分で直す際に挫折してしまいます。
独学にせよスクールに通うにせよ、必ず基礎的なことを学んでからプログラミングを始めることをお勧めします。

フローを整理しなければならない

プログラミングの一番の難しさは、処理のフロー(流れ)を考えることだと思います。

プログラミングの基礎はわかっていてもどう組み立てて良いのかわからない、そういう方は多いと思います。

そういう方は設計というものを経験しないといけません。
すなわち、どういう順序でどういう処理を行えば、目的の動作をプログラムがしてくれるのか、ということです。

フローがかけない場合は、自分が手でその作業をするとしたら、どのような流れになるかというのを一度考えてみると良いです。
逆にフローを考えられないような作業を、コンピュータにやらせることはできません。

どうプログラミングをしていいかわからない方は、一度フローを考え直して見ましょう。

複雑化するとバグの原因を探すのが困難

プログラムの一つひとつは命令した通りの動きをするので単純ですが、人間はそれを組み合わせて使って行くため、処理が入り組んでいきます。

そんな時にバグが発生すると、どこが原因なのか、特定をすることは非常に難しくなっていきます。

実際に、プログラマーがデバッグにかける時間は開発にかける時間よりも長いと言われています。

複雑化した処理を一度単純なものにひもとかないと原因を特定できないため、デバッグはフローを考えるのと同じくらい難しい作業と言って良いでしょう。

これを簡単にするには、できるだけ処理をシンプルにして、関数や変数などの名前を分かりやすいものに変えることです。
ちょっと変わったことをする場合には、コメントを残すなどして意図を明示すると良いでしょう。

まとめ:プログラミングを簡単にする方法

まとめ:プログラミングを簡単にする方法

以上でプログラミングの簡単な部分とそうでない部分について解説してきましたが、簡単でない部分を簡単にする方法をまとめると以下の通りです。

  • プログラミングの基礎を学ぼう → 製造対策
  • 手作業でやる場合のフローを考えよう → 設計対策
  • 処理をシンプルにし、コメントを残そう → テスト・デバッグ対策

これからプログラミングを学ぶ方には、以上のことに気をつけていただくことで、極力簡単にプログラミングができるようになると思います。

プログラミングの基礎に関しては、別の記事で解説していますので、興味がありましたぜひ読んでみてください。


より本格的にプログラミングに関して学びたい方は、独学で勉強されるか、以下の記事で解説しているプログラミングスクールなどで学ばれると良いと思います。