プログラミングに資格は不要!【現役エンジニアの面接官が採用事情を教えます】

PROGRAM

プログラミングの資格で悩んでいる方に。

この記事を読まれている方は、

  • プログラミングをする上でどんな資格が必要か
  • プログラミングに役に立つ資格を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役の文系エンジニアです。

エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

また、開発部のグループ長で面接官も務めていますので、採用に関する情報も提供できると思います。

この記事では、面接官も務める現役エンジニアが、プログラミングに資格は不要というお話をしたいと思います。

プログラミングに資格は不要!

プログラミングに資格は不要!

結論から言うと、プログラミングをする上で資格は不要です。

理由は、資格はあくまで知識を確認するためのものですが、実際のプログラミングでは発想や経験の方が大事だからです。

また、資格は取るだけで「俺はできる奴なんだ」と勘違いしてしまう方が多く、そういう人に限って、現場ではあまり役に立たない、と言う風潮がこの業界ではあります。。

プログラミングで資格が必要なのは未経験の就職/転職時のみ

プログラミング自体は、免許がなければできないだとか、そういう類のものではありませんので、誰でもすぐ始めることができます。

そして先ほどもお話したとおり、プログラミングでは発想や経験の方が大事なので、その観点からも資格は必要ないです。

では、資格が完全に無意味かというとそうではありません。

プログラミングにおいて資格が役に立つのは未経験の就職/転職時です。

私は、所属する会社において開発部署の面接官を務めていますが、開発者としての経歴がある方であれば、話をすれば大体技術力がわかります。

キーワードを出してみたり、これまでの制作物などの話題を出せば、それだけで相手のことがわかります。

ところが、未経験者の場合、そもそも経歴がなく、話題といっても前職の話題ぐらいしかありません。

これだけではプログラミングという仕事で使える人材なのか判断することは難しいです。

そういった場合に、例えば、プログラミングスクールに通っていたり、資格を持っていたりなど、客観的根拠があると、それが採用する側にとっての一つの判断の目安になるのです。

プログラミングにおいて必要なものとは

プログラミングにおいて必要なものとは

プログラミングに資格が必要ないというなら、逆に何が必要なのか、気になりますよね。

未経験者の場合は客観的根拠として、資格を取得しておくと「入り口」の部分では役に立ちますが、いざ入ってしまえばほとんど関係ありません。

プログラミングにおいて必要なものは以下のものです。

  • 妄想力
  • 学習力
  • 英語力

順番に解説します。

妄想力

プログラミングとは、目的に合うように処理の流れ(フロー)を自分で考えて、適切なプログラミング言語でプログラムを組むこと、だと私は考えています。

大事なのは、前半の「目的に合うように処理の流れを自分で考える」という部分です。

プログラマーやエンジニアは、「目的に対してどのような処理が必要か」ということや「どのような処理をしたら最適か、ユーザーにわかりやすいか」ということを試行錯誤する日常です。

また、ユーザーとのシステム開発の打ち合わせにおいて、業務フローや悩みもうまく聞きださないといけないので、業務への理解や起こりうる問題の想定をいち早く行う必要があるのです。

そのため、あれこれ考え、妄想することをいとわない方が求められています。

ただし、実際にはこれができないプログラマーの方は非常に多く、特に役割が縦割りされている環境で、その傾向が顕著な気がします。

大手企業や組織できちんと役割を分けているところでは、プログラマーは指示されたとおりにプログラムを書ければ良い、というところも多いからです。

しかし、言われたとおりに書くことは誰でもできることです。付加価値をつけたいのであれば、妄想力を磨くことを推奨します。

学習力

プログラミングを書く上では、必ずプログラミング言語というものが必要になってきます。

このプログラミング言語(フレームワークを含む)は流行り廃りが激しいため、開発の現場で採用される言語というのはコロコロ変わることが多々あります。

言語以外にも、Web系であればブラウザなどに機能が追加されることで、実装する対象が多くなることも今後は予想されます。

つまり、最新技術や新しいプログラミング言語、フレームワークなどへのキャッチアップが必要になり、その都度学習が必要になるということです。

また、当然、ユーザーの業界に関する知識なども身につけていかないといけないため、お客さんから学ぶことというのも非常に多いです。

「勉強は学生の頃で終わりじゃないのか」と思われる方も多いですが、エンジニアとして生きていくためには学習力が今後も必要です。

英語力

3つの中では一番優先順位は低いと思っていますが、英語力も多少は必要です。

今のところ、コミュニケーションで、というよりは、プログラムの命令文を最低限理解するための英語力だけが必要と言った感じです。

そのため、英語力というよりは英単語力の方が近いと思います。

その都度辞書で調べるという手でも全く問題ないのですが、かなり面倒で英語を学んでいるのか、プログラムを書いているのか、どっちなのかわからなくなりますよね。

プログラミングでは、自分で変数や関数に英語で名前を付けたりすることが多々あり、トラブル解決のため検索をかける際も英語のキーワードの方がヒット件数が多かったりします。

そのため、中学・高校レベルの英語は常識として知っておいた方が良いです。

海外を担当するわけではなければ採用面接の際に「英語はできますか?」と聞くことはないのですが、常識レベルは知っておいてくれたらベスト、というのが採用側の本音です。

強いて取るとしたらどの資格が良いか

強いて取るとしたらどの資格が良いか

「へえ、この程度の知識なんだ」とぐらいにしか採用側は判断しませんが、それでも資格を取りたいという方にオススメなのが、基本情報技術者資格です。

当たり障りのないところがベストな資格です。
どういうことかいうと、分野に特化していなく、知識のバランスの取れている資格ということです。
一通りのことは理解しているから、なんでも任せられるという安心感があります。

逆に分野に特化しすぎていると「使いづらい」です。

例えば、オラクルマスターというOracleのデータベースの資格がありますが、オラクルの製品を専門に扱っている会社ならともかく、普通の会社ではそこまで極めてもらう必要性がありません。

資格は基本的に就職/転職の際の判断材料でしかほとんどないため、未経験者の場合は取るならバランスの取れた資格を取っておいて欲しいというのが採用側の本音です。

基本情報技術者資格は「基本」だから簡単だと思われる方も多いかもしれませんが、網羅性が高く、そこそこの難易度があります。
これをパスしてれば並みのエンジニアぐらいの知識はあるのではないかと十分思える内容です。

ただ、何度も言っていますが、資格より重要なものがあります。
資格コレクターになるのではなく、とにかくプログラミングを書いてみることから始めましょう。

参考までにオススメのプログラミングスクールの記事とプログラミング基礎解説の記事へのリンクを貼っておきますので、興味があればぜひ読んでください。