30歳からプログラミングを始めるのは遅くない!【現役エンジニア兼面接官が解説】

PROGRAM

30歳からプログラミングを始めるのは遅いか悩んでいる方に。

この記事を読まれている方は、

  • 30歳からプログラミングを始めるのは遅いか知りたい
  • 30歳でもプログラミングを始めるメリットを知りたい
  • 30歳でもプログラミングを学習できる方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニア兼面接官が、30歳からプログラミングを始めても遅くない理由や始めるメリット、効率的な学習の方法を解説しています。

30歳からプログラミングを始めても遅くない理由

30歳からプログラミングを始めても遅くない理由

結論から言えば、30歳からプログラミングを始めても全く遅くありません。
その理由を3点ほど挙げ、解説していきたいと思います。

人手不足で需要が多いから

私は現役エンジニアであるとともに、所属する企業で面接官を務めているのですが、IT業界は今、圧倒的に仕事の数の方が多く、人手不足感が強いです。

かといって最近流行りのAIエンジニアのように高度な技術を持った人材ばかりを求めているかというとそういうわけでもなく、従来と同じWeb系アプリやスマホアプリ系の案件の方が明らかに多いです。

Web系アプリやスマホアプリ系であれば、初心者の方でも十分に学ぶことができますし、私自身もその口です。
そのため、30歳からでも十分に参入できるチャンスがあります。

実際に30歳を超えている方でも実務未経験で入社して仕事をされている方が私の所属する会社にもいます。

30歳以上になっても学習能力は衰えないから

実際に30歳を超えている方で実務未経験で入社してきた方がいるのでわかるのですが、30歳以上でも学習の速度や効率は20代前半の社員とたいして変わりがありませんでした。むしろ社会人経験が長いため、30歳の社員の方が勘も鋭かったですし、意欲も高いため、仕事のスピードも速かったです。

逆に20代で若くても自分からは動かない「おじさん」になってしまっている方はたくさんいます。

つまり、30歳以上でもできるかどうかという問題の本質は年齢ではなく、モチベーションや得意不得意の意欲などに大きく依存しているということになります。

したがって、もしエンジニアになりたいという意欲がある方であれば、30歳からでも全く遅くはないということが断言できます。

全労働年数の3分の1にも達してないから

30歳になっても自分のやりたいことが定まらない、という方は意外と多いものです。
30歳になると世の中では、そろそろ落ち着かせないと、という圧力が高まってきますが、実は労働年数約40年のうち、30歳ではまだ3分の1にも達していないのです。

もちろん30歳はいい年齢ではあるのですが、今は定年も徐々に上がってきていますし、30歳でもまだまだ若い部類になってきました。
30歳であっても、これからの人生が非常に長いので、自分のやりたいことを模索し続けることができる時代になってきました。

昔は、エンジニアは「35歳定年説」とよく言われたものですが、今は50歳まで普通にみなさん仕事をしている印象です。(50歳を超えると徐々に仕事の案件は減っていきますが、働いている人口としてはそれなりに多いイメージです。)

そのため、エンジニアとしては30歳からでも全然遅くはありません。長期的にはマネジメント職についたり、コンサルになることなどを目指されるとキャリアが安定するのではないかと思います。

実際に私もマネジメント職にシフトする計画を遂行中です。

30歳でもプログラミングを始めるメリット

30歳でもプログラミングを始めるメリット

30歳というと社会人経験も10年近く積んできていると思いますが、そこからプログラミング(エンジニア)を始めるメリットは何かということを、解説していきます。

給与水準が高いから

30歳からでもエンジニアをおすすめする最大の理由は、給与水準が他の業界と比べると高いからです。

実際に求人サイトで検索してみるとわかりますが、営業職でもなければ管理職でもないのに給与がかなり高い部類にあることがわかると思います。

特にフリーランス向けの求人ですとそれが顕著です。
※ただし、フリーランスは途中で仕事がなくなった場合も自己責任になるのでそこだけは注意が必要です。

単なるプログラマーの給料はさほど高くないのですが、将来的にエンジニアやマネジメント職、ITコンサル・営業につくと、高い給料をもらうことができますので、この業界に入るのであれば、ぜひ上昇志向を持って参入することをおすすめします。

経営的な視点で考えられるようになるから

システム開発は、基本的には現状の経営課題を解決するために行うためのものですから、開発に参加するということは、必然的に経営課題に首を突っ込んでいくということになります。

もちろん「俺は作るだけの仕事でいいんだ」というスタンスで開発していくのもありですが、この手の方は、打ち合わせなどの場で話についていけなくなるので、どうしてもエンジニアとしてやっていくためには自分でも考える力を養う必要が出てきます。

そのため、エンジニアになると、経営的視点で物事を考えられるようになり、取引先の管理職と話をする機会もかなり多くなってきます。

日々様々な経営課題に接していると自然と(強制的に)思考力が養われますし、人材としての魅力もどんどん上がっていきますので、エンジニアはおすすめの職業です。

技術に利用される立場ではなく利用する立場になれるから

これからはAIの時代だ、とよく言われるようになりましたが、実際そのとおりだと思います。

ITは、これまでの単純作業を自動化したり、管理をしやすくしたりするという役目だけではなく、人間が行う複雑な思考プロセスも再現することができるようになりました。

AIの普及に伴い、今後は多くの仕事がコンピュータに奪われていくと言われています。

既存の仕事がコンピュータに置き換わる際に、技術に利用されるような末端の立場の方ですとそのままAIの波に飲み込まれてしまい、職を失います。

一方で、経営者や開発者など技術を利用し、そこから価値を生みだしていく立場の方であれば、そのまま生き残る、というよりは、より良い状態に持っていくことができます。

そのため、今の仕事が退屈だと感じている人ほど危険ですので、エンジニアに転向する意欲があるのであれば、ぜひ技術を利用する立場に変わっていくことをおすすめします。

30歳でもプログラミングを学習できる方法

30歳でもプログラミングを学習できる方法

30歳になると急に物覚えが・・・なんていうことはまだないはずです。
今の30歳は昔の30歳に比べるとだいぶ若いので、まだまだプログラミングを学習することはできます。
ここでは、数ある学習法の中から私が最も効率のよいと思われる方法を3つ紹介したいと思います。

身近にある業務を自動化してみる

私は未経験でエンジニアへと転向しましたが、この仕事を始める前は、貿易の事務作業などをしていました。

日々書類を作るため、単純で膨大な量の作業に追われ、なんとかならないものかと思案していたところ、ExcelVBAを使うことで多くの作業を自動化させることに成功したのでした。

その結果、その作業にかかる時間が1/3程度になり、ミスに関しては80%ほど削減するという大きな成果を出すことができました。

最初は自分ではただ単にマクロ記録をして、そのプログラムを少し汎用化するという簡単なことしかしていないつもりだったのですが、自分でも気づかぬうちにいつの間にかプログラミングができるようになっていて、効率化の仕事が楽しいと感じるようになっていました。

おそらく読者のみなさんにとっても、自分が最も達成感を味合うことができるものが、身近にある業務の自動化だと思いますので、具体的に課題がある場合は、ぜひExcelVBAなどで効率化してみることをおすすめします。

愚直に教科書を読んだりせずコピペで学ぶ

プログラミング学習の失敗例でよくあるのは、教科書的なものを何周もしてわからないことをとにかく先につぶしてからプログラミングを始めようとする方法です。

受験勉強時代はこれでよかったかもしれませんが、プログラミングの場合はプログラミングの構文を一つひとつ丁寧に覚えていくということよりは応用の仕方の方が重要になるので、プログラミングを実際に書いていく中で基礎を覚えて行くことが最も望ましいです。

それに、プログラミングの学習に終わりはないので、全部潰してからプログラミングを始めるというのはどっちにしても無謀なことです。

私も実践しましたが、教科書等ではなく、何か作りたいものを具体的に決め、それを開発するために検索をしまくってコピペで作り上げていくという方法が最も効果的です。

この方法はプログラムの構文を覚えるのにはやや時間がかかりますが、プログラミングの感覚を早期に養うことができます。
そしてこの感覚こそがプログラミングをする上で最も重要な要素なのです。

どんな仕事でもそうだと思いますが、論理的思考力がプログラミングではキーになってくるので、「書き方」とかではなく「考え方」の方がはるかに大事です。
処理の流れは自分で考え、細かな命令文はコピペで、何か一つプログラムを作り上げてみましょう。

WordPressを始めてWeb系の言語に慣れる

ExcelVBAはアマチュアの方も多く使うことから、プロとしての仕事依頼があまりありません。あっても単価が低いことがほとんどです。

そのため、ExcelVBAは最も馴染みやすいプログラミングではあるのですが、ある程度慣れてきたら、Web系のプログラミングを始めてみることをおすすめします。

Web系の仕事は案件数がかなり多く、学習難易度も低いため、初心者におすすめだからです。

そして、Web系の言語を比較的簡単に覚えるには、WordPressを始めてみることが良いと思います。
WordPressとは「コンテンツ管理システム」の一つで、簡単に言ってしまうと、ブログなどの記事を管理できるシステムということです。
つまり、ブログが作れるということです。(このサイトもWordPressで作られています。)

WordPressにはHTMLやCSS、PHPやJavaScriptの4つのWeb系言語が使われていますので、趣味でブログをしているだけでも、ある程度のWeb系の知識が身についていきます。

もし、より短期間で効率よくプログラミングを学習したい場合はプログラミングスクールに通うことがおすすめです。
プログラミング教育に特化しているため、蓄積されたノウハウをもとに、一人ひとりに合った最適なカリキュラムを組んでもらい、現役のエンジニアに指導してもらうことができます。
プログラミングスクールに関しては別の記事でまとめていますので、よかったら参考にしてみて下さい。