プログラマーの労働環境【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーの労働環境について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

最近では残業は少なめの職場が多い

プログラマーについても、働き方改革で今では残業が少なめの職場が多いです。

固定残業代を付けている企業もありますが、月20時間程度がほとんどのように思えます。

しかし、たまに月40時間や月60時間というような設定がなされている場合もあり、この場合は厳しい労働環境の可能性が高いです。

ほとんどの企業では一人に責任が集中することはない

ほとんどの企業では一人のプログラマーに責任が集中することはありません。

ただし、規模の小さい企業では、一人で一つのプロジェクトを全て担当することもあります。

一人で全てこなすと力はつくのですが、炎上した際は非常に危険のため、おすすめしづらい労働環境となります。

出社比率はそれぞれだが在宅勤務を実施中の職場は多い

プログラマーの労働環境として、在宅勤務を実施中の職場は多いです。

完全在宅勤務が可能なところや半分は出社なところ等、職場によって出社比率は様々です。

残念ながら、一律の在宅勤務の実施に関しては、新型コロナ感染症対策のための暫定措置の職場がほとんどのように見受けられます。