プログラマーとWebデザイナーの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーとWebデザイナーの違いについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラマー

プログラマーの主な仕事はコードを書くことです。

Webプログラマーの場合、HTMLとCSSを書くことも含まれる場合があります。

また、プログラマーは製造工程を中心に担当しますが、要件定義や設計、テストを行うこともあります。

Webデザイナー

Webデザイナーは主にWebページのデザインを担当します。

PhotoshopやIllustratorのスキルを求められることが一般的です。

さらに、HTMLやCSS、簡単なJavaScriptを書くことも仕事に含まれる可能性が高いです。

プログラマーとWebデザイナーの違い

プログラマーはコーディング業務を中心に行います。

WebデザイナーはWebページをデザインすることが主な業務です。

両者の違いとしては、プログラマーは分野が限定されておらずコーディングがメインの仕事であり、WebデザイナーはWeb系分野に限定され、デザインがメインの仕事であるということが言え、逆に共通点としては画面側のコーディングを行うことがどちらもあるということが言えます。