プログラマーに必要なタイピング速度【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーに必要なタイピング速度について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

速度はそこまで必要ない

プログラマーにタイピング速度はそこまで必要ありません。

文字を打つ際にキーを探すレベルでなければ特に問題ありません。

誤字になるぐらいであれば、ブラインドタッチはかえって避けた方が良いです。

速度より思考力の方が重要

プログラマーにとっては、タイピングより思考力の方が重要です。

タイピング速度を思考の速度が上回るという方はあまりいないためです。

筆者はコードを書きながら考えていますが、タイピングが遅い方は考えてから打つのでも全く問題ないです。

速度が遅い場合はコードや文章を書く癖をつける

プログラマーの方でタイピング速度が遅いと感じる場合、おそらく初心者と思われます。

経験者はタイピング速度はさほど重要ではなく、思考力の方が大事ということを知っているはずだからです。

タイピング速度を上げるには、普段からキーボードでコードや文章を書く癖をつける程度で良く、ソフトで練習する必要まではありません。