プログラマーがきついと言われる理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーがきついと言われる理由について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

人手不足

プログラマーは人手不足の中仕事をすることが多いです。

これはIT人材は需要に対し、かなりの人数が不足しているためです。

好待遇であれば人手を集められるかもしれませんが、そうでない限りはきついです。

納期に追われる

プログラマーは基本的に納期に追われます。

一般的に納期が迫ると駆け込みで残業をしなければならないことが多々あります。

スケジュールに余裕を持たせられれば良いですが、稼働日が決められてしまっているときついです。

ハマることがある

プログラマーはよくハマることがあります。

ハマるとは上手く機能を実装できないことやバグから抜け出せないことです。

しばらく時間を置き、落ち着くと解決することが多いですが、急いでいるときついです。