プログラマーに派遣(SES含む)が多い理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーに派遣(SES含む)が多い理由について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

発注者側が開発プロジェクトだけで必要としているから

開発プロジェクトのときだけプログラマーが多く必要となります。

企業はわざわざそのときだけのために従業員を自社で雇うことをしたくありません。

そのため、派遣会社やSES会社にプログラマーの派遣や常駐を依頼することになります。

発注者側に社内に技術力を持った人材がいないから

開発プロジェクトのときだけ、一部の社員を開発要員にすれば良いと考えるかもしれません。

しかし、開発を実際に行うには、ある程度の技術力を持っている人材でないと戦力になることができません。

社内に開発プロジェクトに足りるだけの十分なプログラマーがいないケースは多々あり、この場合、派遣や常駐を依頼せざるを得ません。

受注者側はプロジェクト全体の責任を取る必要がないから

派遣や常駐による開発には派遣会社やSES会社にとってもメリットがあります。

それは受託開発や自社開発とは異なり、プロジェクト全体の責任を取る必要がないということです。

万一期限に間に合わなかったとしても、派遣先や常駐先の企業が責任を取るため、派遣会社やSES会社はプログラマーの派遣や常駐を行いやすいです。