プログラマーとソフトウェアエンジニアの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーとソフトウェアエンジニアの違いについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラマー

プログラマーは製造工程を中心に担当します。

そのため、コードを書くプログラミングが主な仕事です。

ただし、現場によっては、要件定義から運用まで幅広く行うこともあります。

ソフトウェアエンジニア

ソフトウェアエンジニアはソフト開発の全てを担当し得ます。

プログラミングに必ずしも携わらず、上流工程のみを担当することもあります。

しかし、プログラミングができないソフトウェアエンジニアはほぼいないはずです。

プログラマーとソフトウェアエンジニアの違い

プログラマーは主にプログラムを書きます。

ソフトウェアエンジニアはソフト開発のどの工程の仕事も行うと想定されています。

両者の違いとして、プログラマーが基本的には製造工程の仕事をする一方で、ソフトウェアエンジニアは全工程を対象に仕事をするということが挙げられます。