プログラマーの採用時に重視されること【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーの採用時に重視されることについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラミングスキルがあるか

プログラマーとして採用する場合、プログラミングスキルは必須です。

未経験者においても実務経験はなくとも、何らかの経験を求められることがあります。

あまり経験がない場合には、少なくともITの分野が好きであるかどうかで判断されます。

コミュニケーションが取れるか

プログラマーは主に製造工程を担当するため、顧客と直接話す機会は少ないことが多いです。

しかし、社内のメンバーと業務上の会話を行うため、コミュニケーションスキルは重視されます。

採用の際は、面接で、聞き取れる声量で、まともな会話ができるかどうかでコミュニケーションが取れるかを判断されます。

仕事にある程度の意欲があるか

プログラマーの仕事には思いどおりにプログラミングできない等の様々な壁が存在します。

それらを乗り越えるために仕事にある程度の意欲があるかどうかは採用時の判断材料となります。

会社やポジションへの志望動機というよりかはむしろ、仕事そのものに対する意欲を見られることが多々あります。