プログラマーが楽しいと思うとき【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーが楽しいと思うときについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

上手く実装できたとき

プログラマーの仕事は主に実装です。

この実装が上手くいったときは楽しいと思うことが多いです。

実装が難しければ難しいほど、上手く実装できたときの達成感は高まります。

自分が成長できたとき

プログラマーには技術を中心としたスキルアップが重要となります。

案件をこなしながら、自分が成長できたとき、楽しいと思うケースが多々あります。

基本的には複数のスキルを活かす仕事が多いため、スキルアップすればするほど年収も上がりやすいと言えます。

顧客に感謝されたとき

プログラマーが開発する製品には必ず顧客がいます。

効率化等によって顧客から感謝されたとき、この仕事を楽しいと思えます。

感謝される仕事をすれば、取引関係を継続させやすく、事業の安定にも貢献します。