プログラマーの男女比【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーの男女比について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

女性は1~2割程度

筆者の経験ではプログラマーの男女比は5:1もしくは10:2で男性が多かったです。

もちろん職場によって、この比率は異なりますが、平均的には女性は1~2割程度と思われます。

技術職のため、女性から敬遠されやすいものの、どの職場にもたいてい女性が最低一人はいました。

女性はデザイナーに多い

筆者が見てきた限りでは、デザイナーの男女比としては、女性が上回っていました。

Webデザイナーであれば、HTMLとCSSを触り、徐々にプログラマーの仕事もするようになるケースもあります。

実際に筆者の職場ではそのような方が多かったですが、デザイナーの方々はあくまでPhotoshopやIllustratorを使う仕事がメインであったことも事実です。

プログラミング能力は男女ともに大差がない

筆者の受けた印象では、プログラマーとしての能力は男女ともに大差がなかったです。

女性だからといって特別に秀でていることや劣っていることも見受けられませんでした。

一方、出世の点では、役付の男女比は男性の割合が多く、未婚の女性については役職についている方がいましたが、既婚の女性に関してはおそらく産休による休職や育児のための時短勤務等の理由で役職がある方を筆者は見たことがなく、厳しいように思えました。