英語が得意ならプログラマーがおすすめの理由【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、英語が得意ならプログラマーがおすすめの理由について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラムが英語

まずたいていのプログラム自体が英語です。

例えば、if文やfor文といったものがそうです。

英語がわかる方であれば直感的に理解できるため、プログラマーはおすすめの仕事になります。

英語の情報源が多い

各ドキュメントは英語では書かれることが多いです。

また、エンジニア同士の情報も英語で交わされる割合が高いです。

英語に抵抗がなければ、拾える情報が多くなり、プログラマーの仕事がスムーズにできるため、おすすめできます。

英語必須の仕事もできるようになる

英語が必須の仕事も見かけられます。

実際海外の顧客やベンダーとやり取りするようなケースでは必要となるでしょう。

英語が使える人材は、よりプログラマーとして、幅広く活躍できるため、おすすめです。