プログラマーとエンジニアの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーとエンジニアの違いについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラマー

プログラマーの主な仕事はプログラムを書くことです。

開発の工程としては、詳細設計や製造、テストあたりとなります。

現場によっては要件定義や基本設計、運用保守を担当することもあります。

エンジニア

エンジニアは、IT全般の業務を行います。

開発に関して言えば、全ての工程を担当し得ます。

システムの開発運用保守だけでなく、ITの企画やITの機材の管理を行う場合もあります。

プログラマーとエンジニアの違い

プログラマーは主に開発の製造工程を担当します。

一方、エンジニアは開発を含むIT全般の仕事を行います。

エンジニアの仕事は幅広く、プログラマーはあくまでその中の開発の製造工程あたりを担当するという点で両者には違いがあります。