学歴不問!高卒でもプログラマーに就職できる理由と方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

高卒でもプログラマーに就職できる理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • 高卒でもプログラマーに就職できる理由を知りたい
  • 高卒プログラマーにはどんな人がいるかを知りたい
  • 学歴不問でプログラマーに就職できるおすすめの方法を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、高卒でもプログラマーに就職できる理由を解説しつつ、身近にいる高卒プログラマーの話を交えながら、学歴不問でプログラマーに就職できるおすすめの方法をまとめています。

高卒でもプログラマーに就職できる理由

高卒でもプログラマーに就職できる理由

結論から言うと、高卒でもプログラマーに就職できます。
その理由を3つほど挙げ、解説していきます。

プログラマーは技術者

企業の総合職や公務員などの場合では、そもそも大卒者しか採用枠が用意されていなかったり、入社試験で大卒レベルの学力が要求されたりすることが多いですが、プログラマーに関しては、技術者という分類のため、技術レベルが一定以上に達していれば、学歴はほぼ関係なしに就職することができます。

また、社会人になった後に関しても、これはどの職業にも言えることがですが、基本的には学歴ではなく職務経歴で採用の判断をすることになりますので、ここでも学歴はあまり関係がありません。

高卒大卒という区別関係なしに、技術者として就職したい場合は、まず一定レベルの技術的な知識を身につける必要があるということです。
そして、一旦身につけてしまえば学歴不問で就職や転職を行っていくことができます。

プログラミングは高等教育で学ぶものではない

仕事で役に立つレベルのプログラミングスキルは、基本的には大学(高等教育)で学ぶものではありません。

大学でも情報理工学系の学生であればプログラミングに積極的に触れる機会はあるかもしれませんが、それ以外の学部であれば、オフィスソフトの使い方を学んで終わりという可能性も十便に高いというのが実態です。

このことから、高卒だろうが大卒だろうがプログラミング能力にさほど大差はないということになります。

プログラミングで要求されるのは、論理的思考力のため、目的を持ってしっかりと学習していけば、誰でもプログラマーになることはできるのです。

高卒のプログラマーはたくさんいる

実際に高卒のプログラマーはたくさんいます。
私の所属する会社ではもちろん、私の実の父も高卒のプログラマーです。

大卒の開発者の方ももちろん多いことはたしかですが、私も含め、大学でプログラミングスキルを学ぶ機会はほとんどありません。
事実私がプログラミングを本格的に学び始めたのは社会人になってからであり、高卒だったとしても結局同じ道に進んだだろうなと思っています。

また、未経験者枠に関しては、初任給の差で、大卒ではなく高卒で有能な人を採用したいという動きもありますので、高卒の方が有利な場合さえもあります。

高卒プログラマーにはどんな人がいるか

高卒プログラマーにはどんな人がいるか

次に、私の身近にいる高卒プログラマーの話をしたいと思います。

私の所属する部署では半数が高卒の開発者

実は私の所属する開発の部署では半数が高卒の方となっています。
その中にはもともと高卒だったが30代になってから大学を出たという方もいますし、専門学校を出てプログラマーになった方もいます。

一方、大卒の開発者に関しても、私を含め、専攻はプログラマーとは全く無関係で、未経験からプログラマーへと転職を果たした人たちばかりです。

プログラマーはやはり技術者ですから、最初から技術力を持っている人材というのはなかなかいません。
現在IT人材は人手不足ですので、未経験者の枠を学歴不問で、中身重視で採用する動きが高まっていますので、学歴を気にする必要はほとんどないでしょう。

管理職からリーダー、スペシャリストまで

私の周りの高卒プログラマーには色々な方がいます。

私の管理職の上司は高卒ですし、別の方では某MS社にいたこともあるリーダーの方もいます。
また、管理的な職位にはつかず、スペシャリストとして長くプログラマーをやっている年配の方もいます。

年齢もさまざまで20代もいれば50代の熟練のプログラマーの方もいます。

大卒の方を見ても、そのあたりはたいして変わりないので、技術者としての昇進や待遇は学歴による差はあまりないと見て良いです。

学歴は経歴がない場合の判断材料の一つ

それでは学歴は全く見られることはないのか、というとそんなこともありません。
学歴を見るときは、それ以外に判断すべきものがないときです。

私は所属する企業で面接官もしているのですが、開発者の採用時に見るのは、まず職務経歴です。
職務経歴でどういった開発を今まで行ってきたか、前職が開発職でないとしたら、コンピュータとどういう関わりがあったかなどを見ます。

そこに開発者色を一切見いだせないとき、ようやく学歴を見ます。

しかし、実際には呼んで話をしてみないとわからないので、実質学歴で判断するということはほぼないでしょう。
よっぽど志望動機に変なことを書いていたり、負の方向に目立ったりすることがなければ、面接までは通しています。

これからプログラマーになりたい方はぜひ学歴は気にせず、プログラミング学習をきちんとして頂いた上で、就職活動をして頂ければと思います。

学歴不問でプログラマーに就職できるおすすめの方法

学歴不問でプログラマーに就職できるおすすめの方法

最後に、私自身や周りの体験談を踏まえた、学歴不問でプログラマーに就職できるおすすめの方法をまとめてみました。

身近なものをプログラムで自動化・効率化

プログラミングの学習は、受験勉強のように参考書を何周もして覚えるものではありません。
覚えたところで、書き方や構文がわかるだけで、プログラムを作る力はあまり身につかないでしょう。

それよりも大事なのは、作りたいプログラムの目標を持つことです。
具体的な目標がないと、プログラミング言語の知識は宝の持ち腐れとなり、応用の仕方がわからないまま、やがては忘れ去られてしまいます。

そのため、まずは身近なものをプログラムで自動化・効率化してみましょう。
現職のある方は業務の手間を削減できるものを、学生の方などは便利なツールや自分のWebサービス(サイトなど)を作ってみましょう。

そうすることで、使われない知識ではなく、実践的な応用力を身につけることができます。

コピペしながら目的のプログラムを作り上げていく

プログラミングスキルは、本などを読むだけではまず習得できません。
作りたいものの目標を持って、実際に手を動かしてそれを作り上げて行くということをしない限り、身につけられるものではありません。

理由は、プログラミングにおいては、書き方や構文なんかよりもロジックが大事だからです。

プログラミングを学習していく際には、処理と処理の前後関係のフローや組み合わせを考え、論理的思考力の一つであるプログラミング的思考を最初に身につけることが要となります。

したがって、処理の組み合わせやフローが作れたら、あとは個々の処理を洗い出して、わからないものをネット上で検索して、適宜コピペして拾ってくるやり方でOKです。

実際に私はそうやって覚えていき、薄給からそれなりのお給料をもらうまでにのし上がりました。

これからプログラミングを学習する方には、わからないものを潰していく勉強ではなく、課題を解決していくスタイルの学習をしていただければと思っています。

自信があれば独学、なければプログラミングスクール

プログラミングの学習は独学でもなんとかなります。
実際私も独学で学んできた一人です。

しかし、効率がよかったか、最短だったか、と聞かれるとそうは思いません。
また、プログラマーになった後も顧客や同じ技術者の方と話す際に、専門学校やプログラミングスクールに通っていなかった分、基礎的な知識が欠けているなと実感したことが何度もありました。

そういった経緯があるので、独学では不安だったり、基礎的なところをきちんと固めて仕事をしたいと考えている方には、プログラミングスクールがおすすめです。

プログラミングスクールでは、単にプログラミングの学習だけではなく、未経験者でもポートフォリオに載せることのできるオリジナルサービスの開発の支援や就職活動の手厚いサポートをしてくれるところが多いです。

プログラミングスクールに関する詳細は別の記事でまとめていますので、興味があればぜひ参考にして下さい。