プログラマーとコーダーの違い【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーとコーダーの違いについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラマー

プログラマーは主にプログラミングを行います。

開発工程としては詳細設計や製造、テストあたりを担当することになります。

Web系の例では、JavaScriptやJava、PHP、Ruby、Pythonといったプログラミング言語を使用します。

コーダー

コーダーの主な仕事はWebサイトの画面を作ることです。

HTMLやCSS、JavaScriptといった言語を使用して作ります。

基本的にはWebデザイナーが設計した画面を実装する仕事になります。

プログラマーとコーダーの違い

プログラマーはプログラミング言語を使ってプログラミングをします。

コーダーはマークアップ言語とスタイルシート言語、多少のプログラミング言語でWebサイトの画面を作ります。

プログラマーは機能を実装するプログラミングの仕事であり分野が絞られませんが、コーダーは画面を作るWeb系の分野のコーディングの仕事であるという点が両者の違いとなります。