プログラマーのキャリアパス【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーのキャリアパスについて、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

システムエンジニア

プログラマーの次となるとシステムエンジニアを考える人が多いと思います。

実際にシステムエンジニアになることがプログラマーのキャリアパスとしては最も無難と思います。

開発の全工程を担当し得るポジションのため、これをキャリアのゴールとする方もいらっしゃいます。

プロジェクトリーダやプロジェクトマネージャ

プログラマーのキャリアパスとして管理職に進むコースもあります。

ただし、プログラマーからいきなりなるよりかはシステムエンジニアを経由することが多いです。

プロジェクトリーダやプロジェクトマネージャはメンバーを含むプロジェクトの管理に携わる職種です。

プログラマーのまま

プログラマーのキャリアパスとしてプログラマーのまま続けることもできなくはありません。

実際に上流工程を担当したくないという声も聞きますから、システムエンジニアを避けている方もいらっしゃるでしょう。

しかし、年齢が上がれば上がるほど、上流工程を一切しない、もしくはできない方は使いづらい人材として見られる可能性が高いです。