プログラマーの年収【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、プログラマーの年収について、現役エンジニアの視点で簡単に解説していきます。

プログラマーの年収

プログラマーの年収は大体300~1000万円ほどになります。

平均年収は400万円程度となっており、システムエンジニアよりは低いです。

昔のソーシャルゲームバブルのように儲かる環境でないと年収1000万円は難しいと思われます。

プログラマーの年収を決める要素

プログラマーの年収を決める要素は二つに大別できます。

一つは年齢や性別といった変えることのできない要素です。

もう一つはスキルや働く会社、雇用形態等の変えることのできる要素です。

プログラマーの年収を上げるための方法

プログラマーの年収については、まず雇用形態ではフリーランスが最も年収を増やせます。

次に、働く会社としては儲かっている会社であれば給与や賞与が手厚く支給される可能性が高いです。

そして、スキル面では、フレームワーク等の技術的な経験や上流工程等のシステムエンジニアとしての経験を増やすことで年収を上げられます。