POST送信されたデータをPHPで受け取る方法【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、POST送信されたデータをPHPで受け取る方法について、HTML側とPHP側に分け、簡単に解説していきます。

HTML側からデータをPOST送信する方法

データをPOST送信する際は、まずHTML側で送信の仕組みを作る必要があります。

HTML側では、form要素で囲ったinput要素のデータをサーバ側に送信することができます。

<form action="post.php" method="post">
<input type="text" name="username">
<input type="submit" value="送信">
</form>

上記のコードでは、”送信”ボタンを押すことで、”post.php”宛に”POST”で”username”というname属性のinput要素のデータを送信できます。

POST送信されたデータをPHP側で受け取る方法

HTML側でPOST送信されたデータをPHP側で受け取ることは簡単です。

“$_POST[‘name属性の値’]”のように、受け取るデータのinput要素のname属性の値を指定するだけです。

echo $_POST['username'];

上記のコードでは、POST送信された”username”というname属性を持つinput要素のデータを出力するコードです。

データ送信時にはGETとPOSTのどちらを使うべきか

今回はPOST送信を取り上げましたが、”POST”をそのまま”GET”に変えることでGET送信も可能です。

GETとPOSTの大まかな違いは、GETはURLにデータが表示されるということに対し、POSTは表示されないということです。

http://localhost/get.php?username=yamada

GETでは上記のように、URLにデータが表示されてしまうため、ログイン時のパスワード送信等はPOSTの方が望ましいと言えるでしょう。