【これだけ】PHPの関数(function)【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、PHPの関数(function)について、関数の定義と使い方に分け、簡単に解説していきます。

関数の定義

PHPには、他の言語同様に、関数というものがあり、処理をまとめることができます。

function getPostTaxPrice($price,$tax_rate) {
    return $price*(1+$tax_rate);
}

関数を使うためには、まず関数を定義する必要があり、例えば、上記のコードは価格と税率から税込価格を計算して返す関数です。

関数は、”function 関数名(引数1,引数2,・・・){}”で定義が可能であり、値を返す必要がある場合にはreturnを使いますが、returnは必須ではありません。

関数の使い方

定義した関数は、”関数名(引数1,引数2,・・・)”で呼び出すことができます。

$price = 100;
$tax_rate = 0.1;
$post_tax_price = getPostTaxPrice($price, $tax_rate); // 税込価格を取得
echo "税込".$post_tax_price."円"; // "税込110円"と出力

上記のコードでは価格と税率をセットして、先程の関数を利用して税込価格を取得しています。

この関数の定義では、returnで値を返しているため、例のように、変数に関数の戻り値を代入することができます。

関数はクラス内に定義することが多い

関数はかなり便利なので、どの開発においても、たいていはたくさん作ることになります。

しかし、関数の数が多くなると、関数名が重複する可能性も高くなるため、実際にはクラス内に定義することが多いです。

class Japanese{
    public static function hello() {
        echo "こんにちは";
    }
}

class English{
    public static function hello() {
        echo "Hello";
    }
}

上記のようにクラス内に定義すれば、呼び出す際は、”Japanese::hello()”や”English::hello()”となり、同じ名前の関数があっても共存させることができます。