PerlでのWeb開発【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

今回は、PerlでのWeb開発について、現場の視点で簡単に解説していきます。

Perlとは

PerlとはWeb開発でよく知られるスクリプト言語です。

RubyやPHP、Python等と同様に動的型付けの言語となります。

よく知られたMVCのWeb系のフレームワークにはCatalystがあります。

昔はPerlがよく使われていた

昔はWeb開発といえばPerlがよく使われていました。

レンタルサーバでも動作可能だったうえ、掲示板等を導入する際に必要となった方も多いでしょう。

ただ、今でも使われていないということはなく、数はかなり減ったものの古いWebアプリケーションを中心に案件はあります。

今はPerlよりもPHPが使われている

Web開発でのPerlの地位はほぼPHPに取って代わられました。

現在、レンタルサーバでも借りて簡易なWebプログラミングを行うという場合にはほぼPHP一択となるでしょう。

これから先もPerlに大きな変革がない限りは、衰退していく傾向であることは間違いなく、どちらかを迫られればPHPを選択することが無難です。