【給与保証あり】Midworks(ミッドワークス)はフリーランスにおすすめ!

PROGRAM

Midworksがフリーランスにおすすめな理由を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • フリーランスの長所と短所を知りたい
  • Midworksの給与保証等のサービス内容を知りたい
  • Midworksがフリーランスにおすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、フリーランスの長所・短所とMidworksの給与保証等のサービス内容を解説し、Midworksがフリーランスにおすすめな理由をまとめています。

フリーランスの長所と短所

フリーランスの長所と短所

フリーランスという働き方には正社員にはない魅力がある一方で、リスクも同時に存在しています。
まずはフリーランスの長所と短所について、解説をしていきたいと思います。

稼ぎが2~3倍になる

一般的には、フリーランスになると、稼ぎは最低でも正社員時代の月給の2倍となり、中には3倍まで上がる方もいます。

フリーランスが高い報酬をもらえる理由は、企業がその人材の雇用を守る必要がなく、様々な経費を負担せずに必要なときだけ調達することができるためです。

企業は一人の人材を雇うために各種保険料を払ったり、パソコンを買い与えたり、施設を提供したりなど多くの経費を払っていますが、フリーランスの人材であればその必要がないため、その分報酬を多くもらうことができるのです。

仕事を選ぶことができる

フリーランスはその名のとおり、自由に仕事をすることができますので、嫌なことをする必要はなく、好きな仕事を選ぶことができます。

とはいっても、フリーランスの方の中には戦略的にキャリアを形成されている方も多く、自分のやったことがない分野でもマーケティング上それが有効であるなら、挑戦される方が意外と多いです。

自分の持っているスキルが世の中で廃れた場合、自分のキャリアもそのまま沈んでしまうため、どのスキルを磨いていくか、選択の難しさがあります。

安定性が低下しリスク管理が難しい

フリーランスになると、正社員時代とは異なり、プロジェクトごとに企業と契約して仕事をこなしていき、それに対して報酬を受け取る形となりますので、契約がないと報酬は当然一切もらえません。

正社員時代であれば客先常駐(SES)で仕事がなくなっても給料はきちんと支払われますが、フリーランスになると全くなくなるのでリスク管理の難しさが出てきます。

IT業界は高給取りが多いイメージがあると思いますが、彼らは稼ぎの多さと引き換えに大きなリスクを抱えながら働いているのです。

Midworksの給与保証等のサービス内容

Midworksの給与保証等のサービス内容

フリーランスという働き方には良い面だけでなく、悪い面もあることを確認してきました。
次に、そういったフリーランスの問題をクリアすることができるMidworksのサービス内容について、解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

首都圏の高単価案件を紹介

Midworksでは現在、首都圏の案件しか取り扱っていません。

その主たる理由は、首都圏にはヒト・モノ・カネが集中しているため、案件数が多く、かつ高単価な報酬を払ってくれるからです。

首都圏のみとなるため、関西在住の方などにとっては難しいですが、稼ぎたいならば必然的に首都圏一択となりますので、上京することも有力な選択肢の一つだと思います。

給与保証制度で安定性の低さをカバー

フリーランスの最大のリスクは、契約ベースで報酬がもらえるので、契約が取れない無給の期間が発生する可能性があるということです。

Midworksでは、この大きな問題への解決策を提供しており、ランサーの方は、万一案件を取れない場合には、その期間月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。

家庭を持っている方や年齢に不安がある方などにはとてもおすすめできる制度となっており、収入がなくなるリスクを大幅に軽減することができます。

正社員時代と同等の各種保険を半額負担

Midworksでは正社員時代と同等の保障を提供することに重点を置いており、正社員時代の社会保険や雇用保険、厚生年金に取って代わる保険商品の紹介を行っています。

これらの保険商品をただ紹介するだけでなく、労使折半で保険料の半額をMidworksが負担してくれるため、ランサーの方は正社員と同じような福利厚生の条件で働くことができます。

特に年金は将来への積み立てとして、国民年金だけではとても足りないため、厚生年金に近しいものに加入して積み立てていくことがとても大切なこととなってきます。

Midworksがフリーランスにおすすめな理由

Midworksがフリーランスにおすすめな理由

Midworksのサービス内容には、フリーランスのリスクを極力軽減するためのものが多いことがわかりました。
最後に、Midworksがフリーランスの方におすすめな理由をまとめたいと思います。

契約後のフォローが充実している

通常、エージェントでは、契約前までは案件探しに尽力してくれますが、契約した後は完全に無関心となり、相手にされなくなることが多いです。

しかし、Midworksでは、案件の契約を行った後も、会計ソフトの無料利用などの確定申告の税務支援や今後の仕事のための無料のキャリア相談などのアフターフォローをしっかり行ってくれます。

短期の案件の場合でも途切れないようにすぐに次の案件を探してくれたり、トラブル発生時も迅速に対応をしてくれるため、フリーランスの方はプロジェクトに専念することができます。

案件が取れないリスクを軽減できる

繰り返しとなりますが、フリーランスという働き方は、稼ぎはとても多い一方で、無職となるリスクを含む傭兵的な働き方となります。

しかし、Midworksでは給与保証制度があるため、契約できずにブランクとなってしまう期間でも月額契約単価の80%を保障してくれますので、安心してフリーランスで活動していくことができます。

実際に筆者の周りのエンジニアの方でも無給の期間を過ごした経験のあるエンジニアの方は以外と多いため、リスクに備える目的でMidworksを利用することはとてもおすすめです。

高単価な案件を低いマージン率で契約できる

Midworksは首都圏の案件のみを取り扱っているため、高単価な案件が多く、より稼ぎたい方におすすめのエージェントとなっています。

特に、マージン率が10~15%と業界の中でもかなり低くなっていますので、30%程度取るようなところとは一線を画していると思います。

フリーランスという働き方の最大のメリットは、高収入という点にあると思いますので、この点を追求される方にはMidworksはおすすめと言えます。