Midworks(ミッドワークス)の福利厚生は業界トップクラス【現役SE解説】

PROGRAM

Midworksの福利厚生について知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • Midworksの福利厚生について知りたい
  • Midworksのサービス内容を知りたい
  • Midworksが初めてフリーランスになる方におすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、フリーランスエンジニア向けのエージェントであるMidworksの福利厚生の魅力やサービス内容について解説し、Midworksが初めてフリーランスになる方におすすめな理由をまとめています。

Midworksの福利厚生は業界トップクラス

Midworksの福利厚生は業界トップクラス

Midworksの福利厚生は業界の中でもトップクラスの質の高さを誇ります。
まずは、その福利厚生の内容について解説していきたいと思います。

各種保険を付けられる

フリーランスエンジニアになると、正社員時代に受けていた社会保険や雇用保険、厚生年金の一部がなくなったり、保険内容が劣ったりします。

そのため、会社員として働く全ての方がフリーランスという働き方に合っているわけではなく、リスクを恐れる方にとっては独立はなかなかに難しいものとなっています。

しかし、Midworksでは、これらの会社員時代の保険に取って代わるものとして保険代理店の紹介を行っており、さらにこの保険料の半額を負担してくれるので、会社員時代と同じような保険を付けることができますので、「高い単価で手厚い保証」という両方の良いとこ取りを実現することができます。

給料の保障が付けられる

フリーランスは正社員より単価が高い代わりに、仕事が途切れてしまい、最悪給料がもらえなくなってしまうという大きなリスクがあります。

Midworksでは、もしものときのために、給料保証制度というものがあり、案件が見つからないときは月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。

多くの方の場合、フリーランスになることの最大の懸念点は、この継続して案件を取れるか、という点になると思いますので、Midworksを利用すれば、この大きな問題をクリアすることができるというわけです。

税務のサポートを受けられる

フリーランスエンジニアになると、確定申告をしなければならなくなり、会社員時代になかったような面倒な作業が増えます。

Midworksでは、フリーランスの方が簡単に手続きできるように、クラウド会計ソフトのfreeeの個人プランを利用することができるようになっています。

また、確定申告に関する全ての作業や手続きを税理士に依頼することも可能となっており、Midworksでは希望する方向けに税理士を無料で紹介もしていますので、完全に仕事そのものに集中することができます。

Midworksのサービス内容

Midworksのサービス内容

Midworksは福利厚生がとても充実していることが確認できたと思います。
次に、福利厚生以外に魅力あるMidworksのサービス内容を解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

フリーランス向けエージェント

Midworksはフリーランスエンジニアの方向けに案件の紹介を行うエージェントサービスを提供しています。

後程詳しく説明しますが、Midworksは初めてフリーランスになられる方に特におすすめできるサービス内容となっていますので、独立に際し不安のある方は前向きに検討されると良いでしょう。

Midworksが取り扱う案件は首都圏のものが中心となっており関西はまだありませんが、その代わり首都圏は単価が高い案件が多いので、良質な案件を紹介してもらうことができます。

発注単価公開で透明性の高い契約

Midworksでは仕事を依頼する企業側からの発注単価を公開しており、透明性の高い契約を交わすことができます。

初めての方にとってはこの透明性の高さはとても重要で、今後のフリーランスキャリアを左右すると言っても過言ではありませんよね。

また、Midworksではマージン率も低くなっており、福利厚生などによる増加分があるので表面的には少し高めに見えるかもしれませんが、実質10~15%のため、純粋な手数料としては業界トップクラスの安さとなっています。

契約後のアフターサポートも充実

会社員時代とは異なり、フリーランスになると客先でトラブルが起きた場合やその他疑問点があった場合にも基本的には自分で解決しなければなりません。

しかし、Midworksではトラブル時にも迅速で対応してくれますし、キャリア相談なども受けてくれますので、案件の契約後のサポートも充実しています。

SESで客先常駐を経験されていた方などは経験があると思いますが、自社の営業のようにMidworksの方がサポートしてくれますので、フリーランスになっても自分一人で全て背負うということはありませんので、安心して下さい。

Midworksが初めてフリーランスになる方におすすめな理由

Midworksが初めてフリーランスになる方におすすめな理由

Midworksは初めてフリーランスになる方にとっても、特におすすめできるエージェントサービスとなっています。
最後に、その理由をまとめておきたいと思います。

正社員並みの保障が付いている

フリーランスになると社会保険の内容が劣るとともに、税務手続きを自分でやらなければならなかったり、案件が続かないリスクがあったりなど、正社員時代になかったような問題が続出します。

しかし、一番初めに解説したきたように、Midworksでは正社員時代と同等の各種保険を付けられたり、税務サポートや給料保障が受けられたりなど、正社員並みの保障が付いているので、初めてのフリーランスの方でも安心して働くことができます。

言わずもがなですが、フリーランスの最大の魅力は単価の高さです。正社員時代の2~3倍になることはざらにありますから、このうま味を享受しつつ、保証も維持できるという点はとても魅力的であることは間違いないでしょう。

手厚いサポートやフォローあり

フリーランスの方は基本的には自分ひとりで営業をしたり、キャリアの管理をしていかなければいけませんが、Midworksではアフターのフォローがしっかりしています。

通常はエージェントのコンサルタントは案件を紹介したら終わりですが、Midworksでは長期的な目線でキャリアの相談に応じてくれたり、現場の働きやすさのサポートをしてくれたりします。

長年フリーランスをされている方よりかはどちらかというとフリーランスの活動に不慣れな方向けのサービスと言えますので、フリーランス初心者におすすめのエージェントとなっています。

経験が浅い方向けの案件も多い

フリーランスエンジニアになるには基本的には3年以上のエンジニアの実務経験があった方が良いと言われていますし、筆者もそう思っています。

しかし、一部の能力の高い方や密度の濃い社会人経験をされてきた方は、早い段階で独立をされた方が効率的に稼ぐことができます。

Midworksでは実務経験1年というような浅い経験の方向けの案件も多く取り揃えていますし、若い方は案件が途切れることも少ないため、キャリアの初期でフリーランスになりたい方にもおすすめのエージェントとなっています。