レバテックフリーランスの案件で給料は上がる?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

レバテックフリーランスの案件で給料は上がるか知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • レバテックフリーランスの特徴を知りたい
  • レバテックフリーランスの案件で給料が上がるか知りたい
  • レバテックフリーランスがフリーランスエンジニアにおすすめな理由を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、フリーランスエンジニア向けのエージェントであるレバテックフリーランスの特徴や給料が上がりやすい理由を解説し、フリーランスエンジニアにおすすめな理由をまとめています。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴

結論から言うと、レバテックフリーランスは高単価な案件が多く集まっています。
給料が上がりやすい理由を解説する前に、まずは、レバテックフリーランスの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもサービス内容や評判を解説しています↓

高単価な案件が多い

レバテックフリーランスを利用された方の平均年収は862万円となっており、正社員時代と比べるとかなり高い水準となっています。

また、最高月単価は160万円となっており、若い方だけでなく、経験豊富なベテランの方にとっても良い案件を取り揃えています。

ここまで高単価な案件が多い理由は、レバテックフリーランスの案件が下請けではなく、直請け案件だからです。したがって、他のエージェントでこれ以上稼ぐことは難しいでしょう。

常駐型で比較的安定

フリーランスというと次の案件が取れないリスクがあり、収入が不安定なイメージもあると思いますが、レバテックフリーランスでは途切れにくくなっています。

理由の一つには営業が熱心に動いてくれること、二つ目は案件が豊富に集まっていること、そして三つ目はレバテックフリーランスが常駐型の案件に特化していることが挙げられます。

常駐型の場合は、在宅でやるような単発の案件と異なり、契約更新に至りやすいため、単価が高いと同時に、比較的安定して収入も得ることができるのです。

案件探しがスムーズ

レバテックフリーランスは、他のどのエージェントよりも熱心に営業をかけてくれることで有名です。

そのため、しばしば「(連絡が)うざい」とも言われることもありますが、裏を返せば、スムーズな案件獲得のために一人ひとりに尽力してくれているということが言えます。

実際にレバテック商談から商談成立まで1週間かからなかった方もおり、ほとんどの方がスムーズに案件を探すことができるでしょう。

レバテックフリーランスの案件で給料が上がりやすい理由

レバテックフリーランスの案件で給料が上がりやすい理由

ここまででレバテックフリーランスの特徴を簡単に確認してきました。
次に、レバテックフリーランスの案件で給料が上がりやすい理由について解説していきたいと思います。

正社員時代の2~3倍になる

これはレバテックフリーランスに限った話ではないのですが、もともとフリーランスになると給料は正社員時代の2~3倍に跳ね上がります。

理由としては独立することで、企業側は契約したランサーの方にパソコン(商売道具)を買い与えたり、各種保険の費用を折半で支払ったりなどすることなく、多くの費用を削減することができるので、ランサーはその分を純粋に受け取ることができるからです。

ある程度スキルレベルがあればフリーランスとして働くことはできますが、逆に全くの未経験者は当たり前ですが相手にされないので注意が必要です。

相場より高い単価の案件がある

レバテックフリーランスは相場より高い単価の案件も多く集まります。

例えば、フロントエンドエンジニアの平均月単価は60万円前後となっていますが、レバテックフリーランスには70万円の案件も入ってきます。

そのため、他のエージェントでは低い単価の案件しか取れなかった方でも、レバテックフリーランスで単価が上がるということはよくあります。

専門性が高ければ単価を上げやすい

先程のフロントエンドエンジニアの例で言うと、JavaScriptだけができるぐらいでは月単価平均60万円の壁を超えることはできませんが、プラスでフレームワークが扱えると単価は結構上がります。

例えば、Vue.jsやReactが扱えれば、単価が20万円アップすることもありえます。また、バックエンドのプログラミングやデータベースも扱えるなど複合的なスキルを持っている場合も単価はかなり上がります。

上位層はその他にクラウドやMVCフレームワークなど複合的な知識があることが当たり前ですので、専門性を上げて行くことでより高い単価の案件を得ることができます。

レバテックフリーランスでは専門性の高い案件が集まりやすいので、こういった経験豊富な方にもおすすめのエージェントとなっています。

レバテックフリーランスがフリーランスエンジニアにおすすめな理由

レバテックフリーランスがフリーランスエンジニアにおすすめな理由

レバテックフリーランスには高単価案件が多いことを見てきました。
最後に、レバテックフリーランスがフリーランスエンジニアにおすすめな理由をまとめていきたいと思います。

エンジニア専門のエージェント

レバテックフリーランスはフリーランスエンジニアを専門としたエージェントです。

そのため、他のどのエージェントよりも、フリーランスエンジニア向けの案件が集まりますし、良質な高単価な案件も多いです。

ITを専門としていることから、担当者のスキル理解力も高いため、案件探しは1週間で終わることも多々あり、初心者の方にもおすすめです。

フリーランスでも収入が安定しやすい

フリーランスは様々な働き方がありますが、クラウドワークスのようなところで案件を受注して安定した収入を得ようと考えることはやめた方が良いです。

なぜなら、そのような業務委託契約では、作ったらおしまい、となる傾向が強いので、契約の更新が少ないためです。

一方でレバテックフリーランスが特化している常駐型の案件は比較的更新が多く、実際に筆者の父も常駐型案件で30年以上フリーランスで仕事をしてきました。

認知度No1で様々な案件が集まりやすい

レバテックフリーランスは、累計利用者数14万人、取引社数3,000社でエンジニア専門に扱うエージェンとしてはトップクラスで認知度No1となっています。

認知度が上がれば、当然大手企業を含む多くの企業の案件もたくさん入り込んできますので、案件のバリエーションも豊富になります。

フリーランスの場合はある程度自分の専門を持った方が良いですが、専門的になればなるほど案件が少なくなるデメリットがありました。

しかし、レバテックフリーランスはより多くの常駐型案件を拾ってくれますので、長期的に自分の専門分野で仕事をしていくことが可能となってきます。