レバテックフリーランスの評判はどう?【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

レバテックフリーランスの評判を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • レバテックフリーランスの特徴を知りたい
  • レバテックフリーランスの評判を知りたい
  • レバテックフリーランスがおすすめかを知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、フリーランスエンジニア専門のエージェントであるレバテックフリーランスの特徴と評判を解説し、レバテックフリーランスがおすすめな理由をまとめています。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴

結論から言うと、レバテックフリーランスはスピーディーに高単価な契約ができるフリーランスエンジニア向けのエージェントとして定評があります。
具体的な利用者の評判を挙げていく前に、まずは、レバテックフリーランスの特徴を押さえておきましょう。

フリーランス専門のエージェント

レバテックフリーランスは、フリーランスエンジニア向けの案件を専門に扱うエージェントです。
利用者実績は14万人を超え、取引社数は4,000件以上のため、エンジニアの業務委託案件が多く集まっていることがわかります。
案件が多いため、最短1週間で案件を獲得することができ、契約終了の1ヶ月前から営業活動をしてもらうことができるので、スムーズに案件探しを行うことができます。

利用者の平均年収が高い

レバテックフリーランスは、利用者の平均年収が862万円、と高額なため、フリーランスでエンジニアの仕事を探される方にとってはとても魅力的です。
実例として、参画前は年収が400万円でしたが、レバテックを利用したことでそれが690万円となり、さらにスキルUPし、現在では960万円というような上がり方をされている方も多くいます。
直請け案件も多いため、最高単価は160万円となっており、ベテランの方向けの高単価な案件も多く取り揃えています。

マッチング精度が高い

レバテックフリーランスには元SEやプログラマーなどテクニカルスキルへの理解力が高く、業界の知識が深い方が多く在籍しています。
これらの担当者が的確なヒアリングで、自分に合った案件を紹介してくれますので、マッチング精度が高くなっています。
実際に顧客満足度は92.6%となっており、多くの利用者がレバテックフリーランスの仕事探しの実力を評価しています。

レバテックフリーランスの評判

レバテックフリーランスの評判

レバテックフリーランスはマッチング精度が高く、高単価な案件が多いことを確認してきました。
次に、レバテックフリーランスに関する具体的な評判を紹介していきます。ここでは偏りを避けるため複数の情報源を利用していきます。

経験が浅くても仕事が取れる

フリーランスになったのでレバテックフリーランスを利用してみた

上記ページは、実務経験1年と半年で、レバテックフリーランスを通じてフリーランスになった方の感想記事です。

この方の場合、レバテックフリーランスに登録したその日に案件の提案があったようで、対応の迅速さや丁寧さを評価しています。

フリーランスエンジニアは実務経験がとても重視されますが、1年であっても十分に紹介を受けることができ、この方も実際に契約まで行くことができています。

ただし、目安は2年以上の経験とされており、未経験の状態でいきなりフリーランスになることだけはおすすめできないので注意が必要です。

最低賃金はいくら経験が浅い方でも月単価50万円は保証されるそうなので、少なくともサラリーマン時代の2倍になることは間違いないでしょう。

自分自身でも案件を探せる

レバテックで月単価63万のフリーランスになりました!!メリデメも記載!

上記ページは、正社員のインフラエンジニアからレバテックフリーランスを通してフリーランスエンジニアになられた方の感想記事です。

この方は基本的には他社エージェントを使う場合でも案件の数や紹介の仕方などには大差がないと主張していますが、レバテックフリーランスの場合は、自分自身でも案件を検索することができる点が他社エージェントと異なり良い点であったと指摘されています。

新卒の際と異なり、案件探しを全てエージェントに委ねることに疑問を頂いている方も多いと思いますので、自分の目でも探されたいという方にはおすすめであると言えます。

給料は、この方の場合、経験5年で月単価65万円程度だったようです。もっと単価を上げるためには、例えば、Ruby+DB+AWSなど複合的にできるようにしておくと良いとアドバイスされています。

ちなみに、この方は案件探しがスムーズに行え、レバテック商談から商談成立までは最短で3日間で可能だったと振り返られており、レバテックフリーランスが数と質の両面で熱心に営業してくれたことがわかります。

相場より高い単価の案件が取れる

【暴露】レバテックフリーランスを通じて常駐した経験から実態や評判を公開

上記ページは、正社員のフロントエンドエンジニアとして5年経験を積み重ねた後、レバテックフリーランス経由でフリーランスに転向された方の感想記事です。

結果的には11社紹介をしてもらえたそうですが、案件の単価の下が55万円、上が70万円だったようです。

フロントエンドはバックエンドよりは単価が安く、平均は60万円とされているようですので、もっと稼ぎたいのであればバックエンドの言語を選択することがおすすめです。

レバテックフリーランスのデメリットとしては連絡がまめな点を挙げていますが、これは良くもあり悪くもある点だと思われます。

というのも悪く捉えれば「うざい」と感じられますが、一人ひとりに熱心に営業をかけてくれているという証拠でもあるからです。

メリットとしては、マッチング精度の高いことを挙げられており、他社エージェントと異なってスキル理解力の高い担当者が多いということを裏付けています。

レバテックフリーランスがフリーランスにおすすめな3つの理由

レバテックフリーランスがフリーランスにおすすめな3つの理由

レバテックフリーランスでは、案件探しがスムーズに行え、相場より高い案件が狙えることが評判から読み取れました。
最後に、レバテックフリーランスがフリーランスにおすすめのエージェントである理由をまとめていきたいと思います。

高単価案件が豊富

レバテックフリーランスは高単価な案件が豊富です。

例えば、先に紹介した方の例では、フロントエンドの相場は60万円前後でしたが、70万円の案件も紹介されていましたので、相場+10万円程度の単価の案件も取れることがわかります。

また、高単価な案件は、複合的なスキルがある方や上流工程までできる方などを対象としていることが多いので、こうした経験がある方にはなおのことおすすめすることができます。

担当者のスキル理解力が高い

レバテックフリーランスの案件の多さや商談成立までスムーズな理由としては、熱心に営業をしてくれることもさることながら、やはり担当者のスキル理解力が高いことが挙げられるでしょう。

スキルを適切に理解してもらえないとミスマッチのため、商談の成立しづらい案件ばかりとなってしまいし、条件を落とすためどんどん単価も下がってしまうことになります。

このあたりが他のエージェントとは異なり、業界の知識が深い担当者のおかげで、スピーディーな案件探しを実現できているといえます。

利用実績が多く認知度No1

レバテックフリーランスの累計の利用者数は14万人となっており、長年の実績と信頼の積み重ねにより、認知度No1となっています。

エージェントは一社のみを使う方ばかりではなく複数社登録される方も多いので、案件探しの際はとりあえずメジャーなエージェントとしてレバテックフリーランスを登録しておくと良いと思います。

連絡が来ないという話はなく、むしろ連絡がまめなエージェントですので、中途半端な気持ちでの利用は控えた方が良いですが、本気で良い案件を探したいのであれば利用をおすすめします。