レバテックフリーランスとギークスジョブの比較【現役エンジニアが解説】

PROGRAM

レバテックフリーランスとギークスジョブの比較結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • レバテックフリーランスの特徴を知りたい
  • ギークスジョブの特徴を知りたい
  • レバテックフリーランスとギークスジョブの比較結果を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、レバテックフリーランスとギークスジョブのそれぞれの特徴を解説し、レバテックフリーランスとギークスジョブの比較結果をまとめています。

レバテックフリーランスの特徴

レバテックフリーランスの特徴

結論から言うと、レバテックフリーランスとギークスジョブには細かな違いがあります。
この記事では、まずは、レバテックフリーランスの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもレバテックフリーランスのサービス内容や評判を解説しています↓

実績が多い

レバテックフリーランスは累計利用者数が14万人以上であり、ITフリーランスエージェントとしての認知度はNo1となっています。
レバテック自体がITエンジニアやデザイナーに特化した専門のエージェントとなっているため、これらの職種の案件にはとても強みがあります。
長年の実績と信頼の積み重ねにより、現在の取引社数は4,000社を超えており、フリーランスのエンジニア向けに様々な企業とスキルレベルの案件の紹介を行っています。

高単価な案件が多い

レバテックフリーランスはITフリーランス専門のエージェントのため、高単価な案件も多く保有しています。
利用者の平均年収は862万円と非常に高水準のため、多くの方が実際に高単価な案件を獲得されていることが確認できます。
例えば、参画前の年収が400万円で、レバテックフリーランスを利用することにより690万円、960万円と年収アップを実現された方の実例もあります。

担当のスキル理解力が高い

レバテックはITエンジニアやデザイナー専門のエージェントのため、スキル理解力の高い担当が多く在籍しています。
担当には元SEという方も多く、ランサーのスキルレベルを的確に把握し、マッチング精度の高い案件の紹介を行っています。
実際に顧客満足度は92.6%であり、多くの利用者がレバテックフリーランスのエージェントとしての実力を評価していることが言えます。

ギークスジョブの特徴

ギークスジョブの特徴

ここまででレバテックフリーランスの特徴を見てきました。
次に、ギークスジョブの特徴を解説していきたいと思います。

別の記事でもギークスジョブのサービス内容や評判を解説しています↓

案件数が多い

ギークスジョブは、15年以上の事業実績があり、多くの独占案件を保有しています。
ギークスジョブの案件は常駐型案件となり、月間6,000件以上の案件を保有しているため、選択肢が非常に多くなっています。
案件の多さはマッチング精度や契約の安定性へとつながっていきますので、ランサーにとってはとても頼もしい存在と言えます。

手厚いフォロー

ギークスジョブもITフリーランス専門のエージェントのため、担当のスキル理解力は高いです。
それに加えて、自分1人に対し、専任の担当が3人もついてくれるため、手厚いフォローが魅力的となっています。
担当とはLINEで連絡を取り合え、容易に相談や交渉が行えるため、初めてのフリーランスの方でも安心して案件を探すことができます。

契約までスピーディー

ギークスジョブは、他のエージェントと比べると、商談成立や決定通知までの期間が短く、契約までスピーディーです。
フリーランスという働き方ではブランクの期間は完全に無給となるため、案件の決定には迅速さがとても重要になります。
また、ギークスジョブでは、案件決定率が80%と高く、次の契約案件が決まらないリスクをできるだけ抑えることができます。

レバテックフリーランスとギークスジョブの比較結果

レバテックフリーランスとギークスジョブの比較結果

以上でレバテックフリーランスの特徴とギークスジョブの特徴を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、レバテックフリーランスとギークスジョブの比較結果をまとめたいと思います。

年収アップならレバテックフリーランス

レバテックフリーランス、ギークスジョブのいずれも高単価な案件が多くなっています。
しかし、利用者の平均年収だけで比較すると、レバテックフリーランスの方が862万円とかなり高水準となっています。
ギークスジョブも独占案件は多いですが、平均年収は805万円となっているため、年収アップならレバテックフリーランスが良いと言えるでしょう。

利用実績重視ならレバテックフリーランス

レバテックフリーランスは累計利用者数が14万人もおり、取引社数も4,000社を超えています。
また、それらの利用者数の平均年収が862万円のため、実に高い実績を上げていることが言えると思います。
多数派やこのような実績の数字を特に重視される方には、レバテックフリーランスが適していると言えます。

案件探しのスピード重視ならギークスジョブ

ギークスジョブは案件決定率が高く、契約までのスピードが速いことが大きな魅力の一つです。
特にランサーは契約終了後のブランクが命取りとなるため、これらはエージェント選定のうえでとても重要な要素となります。
初めてフリーランスになられる方や加齢の心配がある方等は、ギークスジョブで確実に案件を取る方向で検討されると良いと思います。