レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較【現役SE解説】

PROGRAM

レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • レバテックフリーランスやギークスジョブの特徴を知りたい
  • Midworksの特徴を知りたい
  • レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較結果を知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

この記事では、現役のエンジニアが、レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksのそれぞれの特徴を解説し、レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較結果をまとめています。

レバテックフリーランスやギークスジョブの特徴

レバテックフリーランスやギークスジョブの特徴

結論から言うと、レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksにはそれぞれ違いがあります。
この記事では、まずは、レバテックフリーランスやギークスジョブの特徴から解説していきたいと思います。

別の記事でもレバテックフリーランスのサービス内容や評判を解説しています↓

別の記事でもギークスジョブのサービス内容や評判を解説しています↓

認知度の高いITフリーランスエージェント

レバテックフリーランスやギークスジョブは、長年の実績があり、業界の中では認知度の高いエージェントです。
特にレバテックフリーランスは、累計の利用者数が14万人であり、ITフリーランスエージェントでは認知度No1となっています。
一方のギークスジョブも月間で6,000件以上の案件を保有しているため、いずれもフリーランス向けの案件が充実していると言うことができます。

担当のスキル理解力が高い

レバテックフリーランスやギークスジョブはITフリーランス専門のエージェントとして、担当のスキル理解力が高いです。
スキル理解力が高いことで、よりマッチング精度の高い案件の紹介や自分に合ったキャリアプランの提案をしてもらうことができます。
また、ギークスジョブではLINE等の利用でコミュニケーションも取りやすいため、ミスマッチをなるべく防ぎつつ、スピーディに案件を獲得することができます。

高単価な案件が多い

レバテックフリーランスやギークスジョブの案件は高単価な案件が多いです。
特にレバテックフリーランスでは、利用者の平均年収が862万円と非常に高水準となっています。
レバテックフリーランスやギークスジョブでは長年の実績から独占案件が多いので、単価が高めの案件を紹介してもらいやすいということが言えます。

Midworksの特徴

Midworksの特徴

ここまででレバテックフリーランスやギークスジョブの特徴を見てきました。
次に、同様のITフリーランスエージェントのMidworksの特徴も解説していきたいと思います。

別の記事でもMidworksのサービス内容や評判を解説しています↓

東京中心のITフリーランスエージェント

Midworksは東京の案件を中心に扱うITフリーランスエージェントです。
関西地方等にはまだ対応していませんが、東京は最も単価が高いエリアのため、稼ぎたい方に適していると言えます。
後述しますが、社員時代の保証を維持しつつ、年収を大きくアップさせられる点がMidworksのエージェントとしての最大の特徴になります。

マージン率は実質10~15%と低め

Midworksは全ての案件のマージン率を公開しており、透明性の高いエージェントとなっています。
マージン率はおおむね実質10~15%と低い水準となっており、正社員のSESと比べるとかなり低いことが確認できます。
基本的に、単価はこのマージン率によって左右されますので、低ければ低いほど、自分が受け取れる単価が高くなってきます。

正社員並みの保障あり

Midworksは正社員並みに保証が充実していることを最大のメリットとして掲げています。
例えば、給与保証制度では、仕事が途切れた場合でも月額契約単価の80%を日割りで受け取ることができます。
また、社会保険や厚生年金に代わる代替の保険の紹介もしてもらえるうえ、折半で保険料を負担してくれるため、正社員時代と比べても各種保険の質を落とさずに維持することができます。

レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較結果

レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較結果

以上でレバテックフリーランスやギークスジョブの特徴とMidworksの特徴を確認してきました。
最後に、これらを踏まえ、レバテックフリーランスやギークスジョブとMidworksの比較結果をまとめたいと思います。

初めてのフリーランスならMidworks

初めてフリーランスになられる方は案件と案件の間のブランクや社会保険の質の低下に懸念がある方が多いと思います。
そのような方には、給与保証制度や代替の社会保険のあるMidworksをエージェントとして利用することをおすすめします。
若い方であればあるほど、基本的には心配はいりませんが、フリーランスという働き方が自分に合っているか不安な方は一つ目のエージェントとしてはMidworksを利用されると良いと思います。

東京以外ならレバテックフリーランスやギークスジョブ

Midworksは東京を中心とした関東エリア専門のフリーランスエージェントのため、関西エリア等では利用できません。
そのため、関東エリア以外で働くことを希望される場合には、レバテックフリーランスやギークスジョブを利用しましょう。
ただ、高単価案件を狙う場合には、基本的にはほぼ東京の案件に限定されると思いますので、単価重視の方はエリアを気にせずに探されると良いと思います。

年収を上げたい方はレバテックフリーランスやギークスジョブ

フリーランスになると会社員時代と比べて基本的には給料が2~3倍と大幅に上がります。
しかし、中でもレバテックフリーランスやギークスジョブは利用者の平均年収が800万円以上と高水準となっています。
保障は気にせず、年収を重視される場合には、複合的なスキルを身につけながら、レバテックフリーランスやギークスジョブを利用して高単価な案件を獲得されると良いでしょう。